• 出版持込ステーションTOP
  • 企画書リスト
  • 会員の方へ
  • 企画書の作成および応募方法
  • 原書を探すヒント
  • 企画書テンプレート
  • 企画書の書き方
  • 出版持込の秘訣
  • 出版の方へ
  • 出版持込ステーションと出版持込コンテストから生まれた本
  • 出版持込コンテスト
  • 第一弾
  • 第二弾
  • 第三弾

出版企画と出版社の出会いの場 出版持込ステーション

企画書リスト

  1. 企画書リスト
  2. ノンフィクション
  3. 自伝・伝記・エッセイ
【 LGBT 】 人気海外ドラマ出演女優が綴る、摂食障害との壮絶な闘いの回想録
P01101 1日の食事量=300カロリー。日本でも人気を博した海外ドラマの出演女優が、そのプロ意識ゆえに陥った摂食障害との闘いと、セクシャル・マイノリティとしての苦悩を乗り越えて幸せを手にするまでを振り返る。世界に向けて“美”のイメージを発信し続けるハリウッドの片隅で《本当の自分》を犠牲にしながらキャリアを築いてきた筆者の体験は、メディアを中心とした痩身礼賛の風潮に一石を投じるだけでなく、自分をありのまま受け入れることの尊さを強く訴えかけている。今やアメリカのLGBTコミュニティを代表する一人となった人気女優の勇気ある告白に、《自分らしさ》をめぐる様々な葛藤を抱えた日本の読者も強く共感することだろう。
英語
P.310
2010年
試訳あり

企画検討を申込む(出版社)


【 LGBT 】 トランスジェンダーへの差別や偏見を克服した少女と家族の物語
P01104 一卵性双生児の二人。遺伝子的には全く同一だが、二人には大きな違いがあった。生物学的には二人とも男の子だが、一方は女性の気持ちを持って生まれた。トランスジェンダー。それを知ったときの両親の悩みと苦しみ。学校に行くようになると、トイレやロッカールームはどちらを使えば良いのかという実際的な問題をはじめ、偏見や無理解から生じるトラブルやいじめなどに悩まされる。一方で理解者や支援者も現れ、こうした人々に支えられながら家族はトランスジェンダーの人権確保に向け立ち上がることになる。トランスジェンダーに関する解説を交えながら、協力し合い苦しみを乗り越えた家族を描く好著。
英語
P.304
2015年
試訳あり

企画検討を申込む(出版社)


【 ポピュラーサイエンス 】 死は先のない仕事ではない。解剖を通して語られる生と死と人生
P01112 死体保管所にやってきた死体をプレゼントを開けるようにどきどきしながらあらため、腐乱死体についてランチの合間に昆虫学者と意見を交わし、ばらばら死体を元通りに復元し、ときに標本を抱えてテレビに出演する。何年にもわたって死体保管所や博物館標本の死体と向き合ってきた著者が、スリリングで非日常な死と向き合う仕事について、自らの経験や人生での出来事を交えて真摯かつユーモラスに語る。死体を取り巻く現状や死の受け止め方についても歴史や文化を交えながら鋭く迫る、興味深いテーマについての洞察に満ちた一冊。
英語
P.287
2017年
試訳あり

企画検討を申込む(出版社)


【 難病 】 治療法のない遺伝性の難病を抱えた家族の150年の物語
P01138 治療法のない難病を引き起こす遺伝子異常をもつ一家。病気はある日、突然に家族の誰かを襲い、みるみるうちにその命を奪っていく。次はいつ、誰が発症するのか、誰にもわからない。それでも病気のことを考えずに明るく生きる人もいれば、最期まで望みを捨てず、病気との闘いを諦めない人もいる。そして、次にまた誰かが病に倒れるなら、それは自分かもしれない、と恐れる人も……。医学の発展に貢献した一つの家系の150年の歴史を丁寧に綴る、学術的にも有意義なノンフィクション。
英語
P.231
2015年
試訳あり

企画検討を申込む(出版社)


【 レスリング/障がい 】 先天性四肢切断の障がいをもって生まれた少年のレスリング奮闘記
P01140 両腕、両足がわずかしかないという重度の障がいをもって生まれたアメリカの少年が、家族に見守られ、明るく自立心のある人間に成長していく。小学校6年生でレスリングに出会った彼は、素晴らしいコーチに鍛えられ、ついに高校の代表選手になる。積極的で、負けず嫌いな若者のスポーツ物語としても楽しく読める本だが、これほどの困難に立ち向かいながら、「言いわけをしない」という自分の哲学を貫く彼の姿は深い感動をよぶ。読む者を奮い立たせ、読者の人生も変える力のある本。著者はその後、キリマンジャロ登頂にも成功し、世界で講演活動をおこなっている。パラリンピックへの関心も高まる今、人間の可能性について考えさせる本でもある。
英語
P.243
2005年
試訳あり

企画検討を申込む(出版社)


【 マラソン 】 「世界最遅」ランニング雑誌記者の抱腹絶倒マラソンメモワール
P01143 ロンドンを拠点に活躍するランニング雑誌女性記者のマラソンメモワール。これまで計22か国でフルを90回、ハーフを25回、ウルトラを2回完走した著者は、毎回コスプレをし、最下位での完走が通算20回を記録する超スローランナー。完走タイムにこだわらず、走っている時の1分1秒を楽しむことで人生は豊かにひらけていくことを、自身の経験を通して鮮やかに伝える。数々の愉快なエピソードと共に、最高のラン友だった最愛の母をランニング中の事故で失った痛恨の経験についても語る。著者が世界中で出会った市民ランナー達の声も多数収録。マラソンという魅惑の世界へと読者をいざなうパワフルでハートウォーミングな作品。
英語
P.320
2016年
試訳あり

企画検討を申込む(出版社)


【 アルコール依存 】 パーティーガールの人生を変えた涙と笑いの100日間断酒計画
P01144 ヘルスコーチとして活躍するオーストラリア人女性の断酒をめぐるメモワール。16歳でお酒と出会って以来、著者の酒量と酔い方はエスカレートする。パーティーで泥酔しては二日酔いと自己嫌悪に苦しみ、給料はほとんど飲み代、タクシー代、酔って失くした携帯や装飾品代に消える。そんな生活を続け、気づけばアラフォーに。このままでは健康も仕事も恋人も友人も失ってしまう!そこで著者は一念発起、100日間の断酒に挑戦する。心の中の悪魔の誘惑の声に抗いながら、アルコールフリーの快適生活を目指す著者の奮闘が生き生きと語られる。嗜好品や悪習慣をやめることで、健やかで充実した人生を手に入れたいと願う現代女性の背中を押してくれる作品。
英語
P.208
2016年
試訳あり

企画検討を申込む(出版社)


【 性被害 】 性被害に遭ったジャーナリストが加害者の人生をたどった記録
P01145 性被害に遭った米国人の女性新聞記者が、21年の歳月を経て、加害者の人生をたどることで積年のトラウマと向き合う過程を綴った手記。事件当時の状況、裁判の経過、心身の変化、家族への影響を回顧すると同時に、「加害者はなぜ自分をレイプするに至ったのか」という問いを追求するべく、ジャーナリストとして綿密な取材を行い、この人物を生み出した劣悪な生育環境を探る。貧困、児童虐待、人種差別、司法制度の不備など、米国における性犯罪の社会的・歴史的背景についても考察し、レイプという問題に様々な観点から鋭く迫る。性暴力事件が頻発している現代日本にぜひ紹介したい作品。
英語
P.272
2016年
試訳あり

企画検討を申込む(出版社)


ページトップへ