【アメリア】第1回 ウィルコジョンソン翻訳コンテスト
翻訳コンテスト
PR文翻訳コンテスト
第1回
概要
PR文翻訳コンテストは商品やアーティストなどのPR文を翻訳するコンテストです。

第1回は英国のギタリストのウィルコ・ジョンソンに関する翻訳コンテストです。
日本でも多くのミュージシャンがヒーローと仰ぐ永遠のギタリスト、Mr.マシンガン・ギターことウィルコ・ジョンソン。そしてこの度、待望のニューアルバム『Red Hot Rocking Blues』(9月10日発売)を引っさげ、4年振りとなる単独ツアーが決定。

今回の課題はそのライブツアーの宣伝文です。

してレーティング1位の方には
ベストアルバム
『BACK IN THE NIGHT - THE BEST OF WILKO JOHNSON』
ニューアルバム
『Red Hot Rocking Blues』
のCDをプレゼントいたします。


その他上位入賞者(2位、3位)の方とレーティングに参加してくださった方(抽選)にも
『BACK IN THE NIGHT - THE BEST OF WILKO JOHNSON』をプレゼントいたします。


〜プレゼント賞品〜
 
 
最優秀者
 ウィルコ・ジョンソン   new album  “Red Hot Rocking Blues”
best album
  BACK IN THE NIGHT
 
上位入賞者(2,3位)
 ウィルコ・ジョンソン best album  BACK IN THE NIGHT
 
レーティング参加賞
 ウィルコ・ジョンソン best album  BACK IN THE NIGHT
 
賞品画像をクリックすると拡大表示されます。
 
wilko johnson - new album

Red Hot Rocking Blues
01. Red Hot Rocking Blues
02. From a Buick Six
03. Goodbye Baby(Baby Goodbye)
04. The Western Plains
05. He Ain't Give You None
06. My Girl Josephine
07. Help Me
08. Casting My Spell
09. I Got a Woman
10. Talking About You
11. One Time
12. Ro Ro Rosie
13. Brown Eyed Girl
14 To Ramona
15. Listen to the Lion
 
the best of wilko johnson

『BACK IN THE NIGHT』
01. Slipping and Sliding
02. Back In The Night
03. Down By The Waterside
04. Come Back And Love Me
05. Living In The Heart Of Love
06. I Keep It To Myself
07. Barbed Wire Blues
08. Some Kind Of Hero
09. Keep It Out Of Sight
10. Turned 21
11. Dr.Dupree
12. Waiting For The Rain
13. Sneaking Suspicion
14 Out In The Traffic
15. She Does It Right
16. Bottle Up & Go
17. Roxette
 

 
〜詳細〜    
 
●参加方法

1.課題文を訳文受付期間内に翻訳して投稿
2.レーティング受付期間中に20以上の翻訳文をレーティング
※レーティングのみの参加も可能です。


●協賛

Wilko Johnson Management

●審査方法

アメリアレーティングシステム(人気投票!)

●開催日程 

 
9/109/30
訳文受付
 
10/110/14
レーティング受付
 
10/15
結果発表!
 
 
 
 
課題  
 
 
今回の課題はウィルコ・ジョンソンが15年以上にわたって定期的に出演しているイギリスの老舗ライヴハウスハーフムーン・パットニーの宣伝文です。「いかにお客を呼び込める訳がつけられるか」をポイントに翻訳してください。

<以下課題文>

This is the long awaited return of Wilko Johnson to the Halfmoon, and advance tickets are advised as we expect this one to sell-out.
Don't miss out. Wilko Johnson started out as guitarist and songwriter for the 70's pub-rock pioneers Dr Feelgood, and was also a principle member of Ian Dury's Blockheads. As a solo artist Wilko has become one of the UK's best loved RnB acts. Joined by Norman Watt-Roy on bass and Monti on drums and with Wilko's insane stage performance, this powerful trio have earned a reputation as one of the best live acts you're likely to see. And quite right too.
Anyone who sees Wilko is guaranteed to come back for more. Welcome back.

出典:ハーフムーン・パットニー(http://www.halfmoon.co.uk/


 
参加賞の発表はこちら
 
Wilko Johnson Management
(Yuriko Daikoku: Band Manager)
 
Dr.Feelgoodで鮮烈なデビューを飾り、その誰にも真似できないギタースタイルとステージアクションはUKパンクロック発祥の引き金ともなったばかりか、30年にもわたるキャリアの中で常にミュージシャンズ・ミュージシャンとして、世界中数多くのギタリストに影響を与えてきたWilko Johnson。日本では、鮎川誠氏率いる「シーナ&ザ・ロケッツ」、「ジ・ミッシェル・ガン・エレファント」などが彼の熱烈なフォロワーとして知られています。そんなWilko Johnsonのコンサート、サイン会、新作発表プロモーションライヴなどが10月20日の福岡公演をスタートに日本全国で開催されます。この機会にぜひ、彼の1度観たら忘れられないパフォーマンスを体験していただければ幸いです。来日公演、サイン会、インストアライヴなどのスケジュールについては、ぜひ下記のワールドワイド公式ウェブをご訪問ください(日本語コンテンツもございます)。みなさんとライヴ会場でお会いできるのを楽しみにしております。

Wilko Johnson Official Website: http://www.wilkojohnson.com

Back