• 出版持込ステーションTOP
  • 企画書リスト
  • 会員の方へ
  • 企画書の作成および応募方法
  • 原書を探すヒント
  • 企画書テンプレート
  • 企画書の書き方
  • 出版持込の秘訣
  • 出版の方へ
  • 出版持込ステーションと出版持込コンテストから生まれた本
  • 出版持込コンテスト
  • 第一弾
  • 第二弾
  • 第三弾

出版企画と出版社の出会いの場 出版持込ステーション

出版持込ステーションから生まれた本

『おばけやしきなんてこわくない』

  • 出版社:国土社
  • 企画者:吉井 一美さん
  • 原題 :I'm Not Afraid of This Haunted House
  • 経緯 :[2007.04.02] 企画検討開始
        [2008.03.12] 採用決定
        [2008.08.12] 出版!
  • 出版日:2008年8月
  • 備考 :企画者の方が翻訳者として採用されました

【企画書リストでの企画紹介文】

【児童書】 今年のハロウィンはこの絵本できまり!

ハロウィンの夜。主人公の男の子は友だち数人とともに、お化け屋敷の中に入っていきます。屋敷の中では次から次へと気味の悪いものが出てきますが、そこで主人公のとった行動とは……?

お化け屋敷は抑えたトーンで丁寧に描かれ、子どもたちの表情は豊かで実に個性的。全体はコミカルな仕上がりで、リズミカルな文章とあいまって、子ども読者の怖いもの見たさと、悪ふざけしたい願望を満たします。最後には意外などんでん返しが!!これでぐっと親近感もわく、楽しい1冊です。アメリカで、小学生にも人気のシリーズものを書いている作者の手がけた作品。

【企画者からのコメント】

インターネットであちこちのサイトを見ていたときに、発売されて間もなかったこの本と偶然出合いました。表紙の絵の強いインパクトに、思わず購入ボタンを押してしまいました。実際に手にしてみると、ちょっとブラックな雰囲気のコミカルな絵と、最後にくすっと笑えるストーリーがとても気に入りました。企画を掲載させていただいて、数社から検討申し込みがありましたが、なかなか出版には至らず、2年が経とうとしていました。

半分あきらめかけていた頃に、国土社さんからよいお知らせをいただいて、天にも昇る気持ちでした。編集者の方達と初めてお会いしてからの5ヶ月は、無我夢中であっという間でした。このような場がなかったら、出版には至らなかったかもしれないと思うと、出版持込ステーションに感謝の気持ちでいっぱいです。