判例翻訳プロジェクト解説

有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

アメリア翻訳プロジェクトトップ > 判例翻訳トップ > プロジェクトリーダーより
 



吉本秀人先生

プロジェクトリーダー
吉本秀人先生


「判例翻訳プロジェクト」。なんとも堅苦しい名前のプロジェクトですね。

一般の人が日常生活の中でほぼ接することのない「判例」。
ビジネスの世界でもあまり関わることがない「判例」。

しかし、これこそは社会生活やビジネスのもっともドラマチックな場面である裁判のエッセンスを克明に写し取った記録なのです。

とくにアメリカという多種多様な社会を舞台とした判例は、法律の勉強になるだけでなく、ドラマとして、ビジネスの教材として、人生の教材として得るところが多いでしょう。
ところが、現時点で私たち一般の日本人が読めるアメリカの判例は限られていて、一部の専門家の人たちしか読めないのが現状です。

翻訳プロジェクトという場で多くの仲間がそれぞれの知恵を出し合ってアメリカの判例を訳出していけば、日本人にとって貴重な共有財産になることは間違いありません。

判例翻訳プロジェクトへのみなさんのご参加を心からお待ちする次第です。