【アメリア】伝・近藤のトライアル現場主義!

翻訳の仕事獲得とスキルアップを応援する有料の会員制サービス
翻訳者ネットワーク「アメリア」

読み物
 
 
 
   
 
ページ   
一般公開版
 
   
   回答者のアドバイスどおり、基準を2つにしてみましょう。こうなります。

 
 
 おお!気分のふらつきが、2つの基準の間にすっぽり収まりました(正しくは、すっぽり収まるように2つの基準を選んでいるわけですが)。これで、「絶対に持って行く」と「絶対に持って行かない」は、迷わず決まりそうです。
 
 後は、2つの基準の間でふらついているときはどうするかを決めなくてはなりません。これについて、回答者はこう言ってます。「前日が雨なら持つ。晴れの次の日なら持たない」つまり、前の日が雨で降水確率が上がりつつあるときは、より上がる方向に決めます。具体的には、降水確率が低い方の基準を上回ったらすぐに「持って行く」決断をします。反対に、降水確率が下がっていくときは、より下がる方向に決めるのです。つまり、降水確率が高い方の基準を下回ったら「持って行かない」と決断します。これを「基準内のルール」と呼ぶことにしましょう。
 
基準内のルール
上がるのなら上げる、下がるのなら下げる
 
「2つの基準」と「基準内のルール」の組み合わせで、優柔不断だったおじさんは、ビシッと決断できるステキなオジサマに変身できました。
 
 
 
 
     
 
 
前へ
トップへ
次へ
   

ページトップへ