ジュエリーの実務翻訳と映像翻訳でご活躍の秋山真樹子さん Flavor
読み物
Flavor of the Month
<第112回>  全5ページ
やりたいことを貫くために必要なのは「一歩踏み出す勇気」。遠回りをしているうちに、やがて自然と道が開けることも

岡田 :専門学校でコンテンポラリージュエリーを学び、さらに母校で教えるようになってから、実務翻訳の世界で翻訳力を磨いた秋山さん。現在はフリーランスとして実務翻訳もこなしながら、海外と日本のコンテンポラリージュエリー界の窓口として活動されているとのことです。秋山さん、今後目指すところを教えていただけますか?

秋山 :やはり、いつかはジュエリー関連、特にコンテンポラリージュエリーの訳書を出したいです。美大や造形大などに置くような学術書、ですね。今の実務翻訳や執筆の方も引き続きお仕事をいただければ何よりです。

岡田 :ウェブサイトを通じて海外に発信することで、夢や求めているものを実現されている行動力はさすがだなと思います。

秋山 :やりたいことを貫くなら、実力よりも一歩踏み出す勇気が必要な時もあると思います。実力や努力はいらない、という意味ではないですよ。ただ「準備を万端に整えてから動こう」と思っていても、そんな時は一生来ないのではないかと……。何かができるようになったら、今度はこれができるようになるまで待つ、という繰り返しになると思うんです。どこかのタイミングで踏み出さないと、夢のままで終わってしまうし、勇気をもって最初の一歩を踏み出せば、意外とスムーズに歯車が回ってくれることもあるように思います。

岡田 :なるほど、「一歩踏み出す勇気」― 心にしみます。秋山さん、最後に読者の皆さんにメッセージをいただけますか?

秋山 :偉そうなことは言えませんが、最短距離を行くだけがすべてじゃない、ということは経験から言えます。今いるところが当初の目標と違ったとしても、どんな形で先に道が開けるかはわかりませんから。私も、映像の会社で英訳の修行を積んだことで、自分で英文記事を執筆する力をつけられたので……。そのいっぽうで、自分のやりたいことが必ずしも自分に向いているとは限らないと思える柔軟さも必要かもしれません。苦手だと思い込んでいた分野であっても、いざやってみると楽しくできたり、良い評価をいただくこともある。特に駆け出しのころは、これと決めたことだけに限定しない方が、世界が開けていくのではないかと思います。

岡田 :秋山さん、今日はお忙しいところをどうもありがとうございました。知らなかったジュエリーのお話や翻訳のことだけでなく、自ら世界に発信する勇気のお話も聞けて、とても刺激になりました。今後コンテンポラリージュエリーの世界でますますご活躍されることを祈っております!

■ジュエリーやアート関連のお仕事をされているだけあり、とても洗練された雰囲気をお持ちの秋山さん。物腰や話し方から、気取らず筋道の通った知的さを感じました。身につけているジュエリーもシンプルながら個性的。コンテンポラリージュエリーの世界に触れて、私もぜひギャラリーに足を運びたくなりました。素敵なジュエリー、いつか身につけてみたいです!

前へ トップへ