【アメリア】Flavor of the Month 52 岩木 貴子さん
読み物
Flavor of the Month
<第52回>  全5ページ


英文学を極めたくてアイルランドに留学

坂田:小・中学生の頃に海外の文学に目覚め、大学3年生の頃に本格的に仕事として翻訳を考え始めたということですが、それからどうしましたか?

岩木:今考えると、その頃は東京に住んでいましたし、翻訳学校に通えばよかったと思います。ただ、その時は「翻訳家になるためには英文学を極めなければ!」と意気込んでしまい、留学することに決めたんです。アイルランドに留学して、4年間、英文学を学びました。どうすれば翻訳家になれるか、まったくわかっていなかったということですね。翻訳関係の雑誌でも読んでいれば、もう少し違っていたかもしれませんが、その時はもう留学だと思いこんでしまって……。

坂田:でも、“急がば回れ”じゃないですけれども、留学したことは、翻訳者になったこれからも、よかったと思えるときがいっぱいあるんじゃないでしょうか。

岩木:ただ、翻訳者になるということでいうと、やはり回り道だったことは確かだと思います。留学してまじめに勉強したのはよかったのですが、帰国してみると日本語を忘れてしまっていて、日本語を書く勘を取り戻すまでに時間がかかりました。これは翻訳者を目指す者にとっては大打撃ですよね。それから、英文学を学ぶのと、翻訳を学ぶのとではまた別の勉強だったなと、振り返ってみて改めて思います。

坂田:そうですね。日本語を学ぶという意味では不利な面があるかもしれませんね。むこうでは英語ネイティブの学生さんと一緒に学んでいたのですよね。

岩木:はい、そうです。日本の大学の国文科に、なぜかフィンランド人がひとり交じっているところを想像していただければわかりやすいと思います(笑)。英語ネイティブでないのは私ひとりでした。留学生としての特別扱いはありません。一学生として議論に参加し、授業のノートを取り、参考文献もいろいろと読まなければなりませんでした。文学を学ぶわけですから、読書量は半端じゃなかったです。

坂田:ネイティブの方は子どもの頃から積み重ねてきた読書量もあるでしょうから、それに追いつくためにも、余計に読まなければなりませんよね。

岩木:はい。でもとにかく、読むスピードがかなわないんです。英アイルランド文学の博士課程の女の子とアパートで一緒に暮らしていたのですが、分厚い本を一緒に読み始めても、私がまだ3分の1しかいっていないときに、彼女はすでに読み終わっていて、到底かなわないと思いました。

坂田:そうですか。でも、それは仕方ないですよね。20年以上の違いがあるわけですから。

岩木:チュートリアルと呼ばれる少人数制のゼミの授業が週6回あったのですが、それぞれに本を1冊読んでいかなければいけなかったので、1週間に最低でも6冊は読んでいました。本が薄いときは、「ラッキー!」という感じ。ただ、分厚い本の時はクラスにも読んでいない子が結構いたので、そこは要領よく飛ばしたりもしました(笑)。あと、エッセイの課題のときには、題材となる小説だけではなく、参考文献として学者の書いた評論もかなりの量を読んでいましたので、そういうことは翻訳のお仕事にも役立っているのかもしれません。

坂田:そうですね。これからも、翻訳者としていろいろな場面で留学経験が役立つと思いますよ。

岩木:そうなればいいですね。
前へ トップへ 次へ