【アメリア】日本語ミスを探せ!
読み物
 
●瞳を閉じて
【投稿者】JINKOさん

 BGM(喫茶店とフィットネスクラブの両方)で 「瞳を閉じて 君を描くよ それしかできない…」
とテノールで朗々と歌う曲をききましたが、瞳(瞳孔)は随意に閉じたり開いたりできるものではないのでは?(調べたら、平井堅「瞳を閉じて」でした。)

 ほかにもこの春聴いたBGMでは、ノリのよい女声で「瞳閉じーれーばー…」と歌っていました。
「瞳を閉じる」は市民権を得つつあるのでしょうか?
 
 
ハッスル東郷:今回は「日本語ミスを探せ」の本旨を思い出させてくれる投稿なので、ハッスル評価★★★(3つ)さしあげます。

 すでに同様の指摘をしているサイトがいくつかありましたが、どれもこれもツッコミが甘い。言いっ放しで終わってます。しょうがないとか仕方がないで済んだら「ピーポくんのうた」など要らないのです。(「ピーポくんのうた」は「警」と「視」と「庁」をつなげたところのサイトで探して聴きましょう)

 解決策(候補)はズバリ、次の3つです。

 【1】署名を集め、歌詞を「瞳孔とじて 君を描くの? そんなのできない…」に変えてもらう(うー、 聴いてみたい)。

 【2】辞書で「瞳」を調べると「(1)瞳孔(2)目」とあるので、(2)の意味=「目を閉じて」として   受け入れる(おー、アカデミックな解決策)。

 【3】産業再生機構を活用する。

 さて、実際問題どうすればよいでしょうか。【1】を選択した場合、医学的に矛盾している歌詞の存在が大量に発覚し、年金未納問題や温泉の水道水使用問題に続く、新たな社会問題となるおそれがあります。そうなると今後は「オレの右心室が」とか「私の大脳皮質も」のように歌わないといけなくなるので、これはお勧めできません。また、【3】を選択しても今回の問題は解決されません。したがって【2】を選択することが最適と思われます。

 もっとも、この表現に疑問を持つ人が複数いるということは、市民権を得るにはもう少し時間が必要ということでしょう。さらに選挙権を得るには「満20歳以上の日本国民」等の条件を満たさないとダメです。
というわけで、「瞳孔について【どうこう】言わない」というオヤジギャグにて今回はお開き。

 おまけ

 アテネ五輪記念:実況日本語ミス
 ・バスケットボール:「この選手のシュートが決まり出すと止まり出す」
 <<<止まっちゃだめじゃん。「止まり出すぅ↑」ぐらい勢いよく言っていた印象なので、アウト。
 ・陸上競技(リレー):「(前の走者から)ボタンをもらって」
 <<<うわ、ちっちゃなモン渡してる(見てみたい)。あわててすぐに「バトン」と言い直したので、 セーフ。

前へ トップへ 次へ