【アメリア】日本語ミスを探せ!
読み物
 
●イッゼァレニコメンッ?
【投稿者】MOOMINさん

 
暑い日本から、グアムに避暑(?)に行って、見つけました。
「ハニラレモネイジュース」、「ペッションフルーツジュース」「グリン」「パインアプル」「グレープシェース」・・・どれも完璧に英語をそのままカタカナにしてます。日本語のカタカナ表記がおかしいのだと思わされるばかりです。「シェース」に至っては、shakesのカタカナ表記ですよね?「イッゼァレニコメンッ?」
 
ハッスル東郷:

出た。ミステリアス・ローカライゼーション。
(日本語ミスの「ミス」には、「ミステイク」の他に「ミステリアス」の意味もあります)。
ぜひ、ルー大柴に読んでもらいたい。
サンプル数が多いのも評価アップ。

また、なかやまきんに君が筋肉留学を終えて帰国という、(ハッスル氏だけが)嬉しいニュースもあったので、★3つ差し上げます。

さて一見おかしなカタカナ表記ですが、この通りに発音することによってオーダーのトラブルを回避できるのではないか、という気もしてきました。実は計算ずくなのかもしれません。

とはいえ、謎も多数。

・文字サイズがバラバラ。PC入力&プリントアウトならこんなことにはならないはず。
・「F」は何でしょうか?ファンクションキーでしょうか?それとも戦闘機?
・いきなり「タンケリンレモンジュース」から始まっていても困ります。日本人向けにはやっぱりオレンジジュースあたりを先頭にするのが妥当ではないでしょうか?
・「イチゴジュース」は普通すぎ。「エチゴジュース」みたいになっていたら、ちりめん問屋が大活躍しそうなのに(もしハッスルが水戸黄門だったら、「以前」&「副」であんなに威張るのはちょっと恥ずかしい…)。
・「グリンリンゴ」は言いにくいので、逆にハッスル氏のお気に入りです。
(今回のルールでは「グリンアプル」か「アオリンゴ」にすべきでしょう)。
この「グリン」は、一部のおばちゃんがよく使う言い方なので、メニュー日本語化プロジェクトに日本人のおばちゃんが関係している可能性があります。

もはや、「アスパラエース」とか「ガンバ大阪ユース」とかが紛れていてもバレないでしょう(ちなみに「アスパラエース」は飲めますが、「ガンバ大阪ユース」は飲めません)。

まだメニューの下の方に空きスペースがあるので、今後の新商品に期待します。

というわけで、今週はついに「北京バイオリン」の最終回。

・余教授、北大路欣也に激似。
・番組名が「地名+楽器」ということは、
もし日本を舞台としたピアニストの話だったら「東京グランドピアノ」?
インドネシアの三味線奏者だったら「ジャカルタ津軽三味線」?

これらの事実が最終回でどうなるのか期待しているハッスル氏でした。

■以上■

前へ トップへ 次へ