翻訳の仕事獲得とスキルアップを応援する有料の会員制サービス
翻訳者ネットワーク「アメリア」

  情報コラム
教えてダーリン ダンナさんはネイティブチェッカー ネイティブチェッカーと楽しく英訳! 翻訳アタマもデッドヒート♥2020年東京オリンピック

<課題文>

①2020年のオリンピック開催地が東京に決定
②東京での開催は1964年以来56年ぶり、2回目となる。
③世界中からアスリートや観客たちが集い、熱い戦いが繰り広げられる。
④持続可能な大都市のモデルとして、今後東京は大きな変化を迎えることになる。

<訳例>

①Tokyo has been chosen as the host for the 2020 Olympic Games.
②This will be the second Olympics held in Tokyo since the 1964 Summer Games, 56 years ago.
③Athletes and spectators from around the world will gather, and the intense competition will unfold.
④As a sustainable metropolitan model, Tokyo will face dramatic changes going forward.



優秀訳次の課題 全7ページ

「迎える」はwelcome、と思い込んでいませんか? (第4文)

さてダーリン、最後の文、「持続可能な大都市のモデルとして、今後東京は大きな変化を迎えることになる」、コムズカしい表現で考えちゃったわよ。持続可能はsustainableよね?
そうです。「持続可能な大都市のモデル」、たしかにちょっと難しい文ですね。大都市はmetropolis、metropolitanを使うといいでしょう。big cityやhuge cityよりもずっと強く洗練された響きです。a model of a sustainable metropolisは正確といえば正確ですが少々長過ぎ。a sustainable metropolitan modelがすっきりしながらもしっかりと的を射た訳です。
なるほどね〜。メトロポリタン、雑誌からでてくるような洗練された響きだわ〜。そう思うと「大きな変化」はbig changeじゃちょっとあか抜けないわね。
massive changes、dramatic changesなどがいいですね。特にdramatic changesはダイナミックな変化をカッコよく表現していていいと思います。「迎える」に関してはfaceがいい。undergoも可ですね。
「迎える」といえばwelcome、という印象があったけど?
日本語の「迎える」はhappyなことにもunhappyなことにも使えますが、welcomeはまさに「歓迎」でポジティブなことに使います。東京でのオリンピック開催は困難な側面もあり、すべての市民が諸手をあげて歓迎しているとは言いにくい。原文は「歓迎」とも「反対」ともつかない客観的な文なので、そこをきちんと反映する必要があります。
ほー。たしかに政治的な面もあるから、うっかりwelcomeとしたら誤解を招きかねないね。コワいコワい。
そう。翻訳の大切なところはそこです。「筆者の思いをくみとること」が大切で、訳者の思い込みや思い入れが入ってはいけない。ここでwelcomeを使ったら、なんの根拠もないのに筆者はオリンピック賛成側として読者に伝わります。
うーむ。ホントに責任重大。そこを間違えたらたいへんです。
そうですね。一語一語注意深く訳さなければいけません。最後、訳もれに注意してほしいのが「今後」。in the years to come、going forward、in the futureなどがいいでしょう。
今回も勉強になりましたよ、ダーリン。総評をお願いします♡
オリンピックが東京で開催されることになり、みなさんそれぞれの思いを胸に楽しみながら訳してくださったようです。今回のカギは動詞の選択にありました。decidedではなくselectedやchosen、「繰り広げられる」のunfold。welcomeでなくfaceなどです。こうした動詞選びに力をいれて学習するといいですね。あとはもっと時制を意識して訳すこと。そこをおさえればバッチリです。コツコツと続けていれば語彙力や表現力も必ず向上しますから、がんばって続けて腕を磨いてくださいね。
ダーリン、ダーリンはどんなオリンピックなら勝てる自信ある?
私ですか、そうですね〜、洗濯干しオリンピックとゴミ出しオリンピックですね。奥さんのおかげでずいぶんスピードアップしましたよ。
……お風呂掃除オリンピックも勝ちたい?

 

前へ トップへ 次へ

ページトップへ