有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

辞書の図書館 訳文検討室INDEX
 
 辞書作成室掲示板
 
 
  アタリ・オマーン裁判 提案者:北
用語: common symbols that had been run togetherなど
訳語候補:
説明: パート4ユニット9から10)<顧問弁護士はこれに対し次のように述べた。「誰もが思い描く固定観念化されたレンガ壁でないからといって、そのレンガ壁が架空の要素であるという意見には同意できない。このゲームの中の壁は、ありふれたシンボルを混ぜ合わせただけのものだ。」> 検討を重ねこの訳に辿り着きました。難解な箇所でしたので、充分に英文を反映しているか、リーダーのご確認がいただければ幸いです。

 RE:common symbols〜 吉本 2003/04/21 16:44:00
この訳文でfancifulの訳語として採用されている「架空の」という表現は、「実際の(実際に存在している)」に対置される表現なので、ここでは適切ではないように思います。どのように表現しようと実際に存在する物以外は凡て「架空」ですから。

著作権や商標に関する基準として用いられるfancifulは、権利保護の要件として重要な目安である独自の創作性を有することを示す「独創的」などと訳される表現です。

ここでは、著作権局側弁護士が、ブレイクアウトのグラフィックスは抽象的だから創作性に欠ける、ツタを書くとかもっとレンガの壁らしく表現していれば別だけど、と主張したのに対して、裁判所側が、このゲームに出て来るボールもレンガ壁も普通のボールやレンガ壁とは違うよ、これは独創的っていうもんじゃないのかね、と反論しています。

そして

「弁護士はこれに対し次のように答えた:通常のレンガ壁とは異質であることを理由に本件ゲームのレンガ壁が独創的要素であるとする意見には全く同意できない。この壁はありふれたシンボルを寄せ集めただけのものだ」

と反論しているのではないでしょうか。

「誰もが思い描く固定観念化されたレンガ壁」は、「通常のレンガ壁」と同様の解釈に基づく訳だと思われますが、「レンガ壁らしい壁」の表現(著作権局側が提示した例のような)についての否定的な見解を含意するように誤解される可能性があります。