有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

辞書の図書館 訳文検討室INDEX
 
 辞書作成室掲示板
 
 
  戦記ビデオ裁判 提案者:充田
用語: respondents
訳語候補:
説明: パート5/ユニツト5
最高裁法廷では、訴訟当事者の呼称にappellant/appelleeではなくてpetitioner/respondentが使われるという前提の下に、仮訳文の訳語は「上訴人/被上訴人」としております。ところで、本裁判で上訴人は1社であるのに対して、被上訴人は複数であるために、このユニツトで当初のrespondentsの訳語は「被告団」とされました。しかし、被告団では、何か公害訴訟の集団的行動のような印象を与えますので、あえて「被上訴人ら」とすることを提案しましたが、コメントを頂ければと存じます。

 respondents 吉本 2004/11/25 10:10:21
日本語には複数の表現がないため、日本の判決文で複数の当事者を示す場合には充田さんご提案のように「〜ら」を使っていますね。これを訳語として採用することに異存ありません。

通常、日本語の「〜ら」という表現は、「〜」と異質のものを含意する場合が多い(たとえば「高校生ら」とした場合は通常高校生以外の者を含意する)ため、一般論としてはこれを複数の表現として採用することに慎重な立場をとるべきだと考えますが、判例の場合は「同じ立場の当事者の複数」を示すことが了解されるものと考えます。