有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

辞書の図書館 訳文検討室INDEX
 
 辞書作成室掲示板
 
 
  和解金配分裁判 提案者:吉本
用語: deceased、decedent
訳語候補: 死者、被相続人
説明: 「故人」という表現には死亡した人間に対する敬意を含んだ表現のニュアンスがあると思いますが、民法(相続法)についての学問的な解説などを読むと、より端的な「死者」という表現が多く用いられています。

同じ相続の話でも、より一般的な解説文の類やジャーナリスティックな文章では「故人」が用いられているようですが、法廷意見の場合は「死者」の方が適切だと考えます。

民法(相続法)の条文において、「遺体」と言わず「死体」と表現するのも同様な立場によるものでしょう。

decedentの「被相続人」はそのままで結構だと思います。

したがって、deceasedは「死者」、decedentは「被相続人」と訳すことを提案いたします。