有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

辞書の図書館 訳文検討室INDEX
 
 辞書作成室掲示板
 
 
  トーマス家遺産相続裁判 提案者:吉本
用語: money market certificates, certificates of deposit
訳語候補: MMC(市場金利連動型預金)、CD(譲渡性預金)
説明: ■>トーマス家遺産相続裁判>パート2>ユニット14
 → http://www.amelia.ne.jp/userProjectTRView.do?projectId=94&partNumber=2&unitNumber=14

まず、money market certificatesとcertificates of depositは同義ではありません。

money market certificatesは「MMC(市場金利連動型預金)」のことで、certificates of depositは「CD(譲渡性預金)」のことですから、それぞれに異なる金融資産を指しています。

たとえば、MMCの上限金利が連動する「市場金利」は、具体的にいうとCD金利であったりするわけです。

したがって、この二つはそれぞれの名称「MMC(市場金利連動型預金)」「CD(譲渡性預金)」で訳し分ける必要があるでしょう。

 money market certificates, certificates of deposit 充田 2009/05/20 09:27:03
money market certificatesとcertificates of depositは、言葉が違いますから、同義語と取るのは間違いで、当然両者を訳し分ける必要があると考えるのが常識であることは承知しております。それにも拘わらず、このパート2においては、両者をあえて同義語と受けとめる方が良いのではないかと思います。

すなわち、パート1/ユニット18で、先妻が亡くなる前に、先妻/死者/息子/娘の四者間で、「息子はファミリイマンション、娘は宝石店経営で蓄積した『流動資産』を相続すること」が合意されておりましたが、それに基づいて娘はパート2/ユニット5でthree
certificates of deposit $48,372.02の譲渡を受けております。パート2/ユニット6によれば、この譲渡と「債務免除(証書)」のために、死者の財産は僅か$14,000.00に減少したとあります。

2番目の妻である上訴人の寡婦と死者が、短い結婚生活の中で、$88,000.00も消費したことはあった(パート2/ユニット7)としても、上記のように限定された資金の枠内で、死者が娘に対して、money market certificatesと
certificates of depositの2種類の預金に意図的に区別して、別々に譲渡を行ったと考えることには、どうしても無理があると考えます。

つまり、このパート2において出てくるmoney market certificatesとcertificates
of depositは、別々の言葉で表現されてはいるが、実質的に同一の流動資産を意味している見るのが自然であり、もしそうであれば、このような場合に翻訳者としてはどのように対応して、訳文を作成したらよいのであろうかというのが質問の真意でありましたが、舌たらずであったことはお詫び申しあげます。

いずれにしても、上記の愚見に対してコメント頂きたくお願い申しあげます。

充田
   
 Re:money market certificates, certificates of deposit 吉本 2009/05/20 10:21:08
充田さん、前後関係の確認を怠って申し訳ありません。

ここで充田さんが「同義語」とおっしゃるのは同じ対象を指しているということですね。

英語の長文中では多くの場合、「言い換え」に相当する表現が存在し、二つの言葉が違う場合でも同じ事物を指していることは数多くあるので「言葉が違えば訳し分ける」というのは「常識」ではありません。

充田さんのご指摘通り、他に言及がない以上、パート1/ユニット18に書かれているliquid assetsは、後述のcertificates of depositとmoney market certificatesを指しているという流れになっているように思います。そしてこれらが同一のものを指している可能性が高い。

今回の場合問題なのは、「CD」と「MMC」という二つの言葉が専門用語として通常対比される形で使われるという点です。

言い換え表現を用いる場合は、一方がより一般的な表現である必要がありますが、この場合は同水準の金融資産を示す用語が使われています。

普通は「CD」「MMC」が同じものを指しているようなケースは考えにくいのですが、ここで娘に譲渡された流動資産について詳細な説明がない以上、これらを同じものと見なす流れになっているのは確かです。

そうした意味で考えるためには、パート2/ユニット5のcertificate of depositがより一般的な「預金証書」の意味で使われていると推察するしかありません。

この場合、財産として不動産に対比する形で流動資産(の金融商品)であることを示すのが重要であり、その厳密な区別はさほど重視されていないと思います。

この推定を採用するなら、これらの言葉の訳語を

certificates of deposit→「預金証書」
money market certificates→「市場金利連動型預金」

とするのが適当だと思われます。

なお、翻訳者としての立場で言えば、上記のようなことを注記として書き添えて置く必要があると思います。
 
 Re:money market certificates, certificates of deposit 充田 2009/05/20 15:16:00
極めてご理解のあるかつ啓蒙的なコメントを頂戴して、まことにありがとうございました。

小生の「同義語」という言葉の使い方は基本的に間違っており、また英文表現の性質から言って、同一対象を表現するからと言って「同一の訳語」を当てるのは常識であるどころか、むしろ異例に属する---という基本的認識を欠いておりました。いずれも深く反省しております。

certificates of deposit → 「預金証書」
money market certificates → 「市場金利連動型預金」
と訳し分けて表現するのが、もっともリーズナブルであることも十分理解できました。ありがとうございました。