有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

辞書の図書館 訳文検討室INDEX
 
 辞書作成室掲示板
 
 
  カリフォルニア食料品店強盗裁判 提案者:吉本
用語: パート2/ユニット19 the Fourth Amendment, the law of agency
訳語候補: 第4修正、代理法
説明: the Fourth Amendmentについては、「第4修正」「修正第4条」のどちらも一般的に用いられている訳語ですが、「第4条の修正版」などとの誤解を避ける上からは「第4修正」の方がベターだと考えます。

むしろ、このユニットで修正したいのは、the law of agencyの訳です。

もしこのagencyを「政府機関」と解釈するなら、strained applications of the law by an agencyのような表現になるはずで、the law of agencyのagencyはapparent agency「表見代理」などという場合の「代理」の意味と解すべきでしょう。すなわち、strained applications of the law of agencyは「代理法の不自然(無理)な適用」という意味になります。

また、apparent authorityは「表見代理」と対応する概念ですが、ここではauthorityとagencyを訳し分ける意味から「表見代理権」と訳すことにしましょう(e-cuckooさん訳の「表見上の権限」でも間違いではありませんが、このauthorityは権限一般ではなく代理権という意味で用いられているので)。

つまり、この部分は、

代理法の無理な適用や「表見代理権」の非現実的な法理によって侵害されるべきではない。

などという意味ではないでしょうか。