【アメリア】ワイン紹介文翻訳コンテスト4
翻訳コンテスト
ワイン紹介文翻訳コンテスト 第4回
概要
 
ワインの紹介文の翻訳コンテストです。
ボトル画像上位3名に選ばれた方には、課題のワインをプレゼント!
未成年の方が入賞された場合は、20歳のお誕生日にお届けします。

●協賛
廣屋インターナショナル (http://www.hiroya-inter.com/)

●審査方法
1次審査: レーティング (人気投票!)
2次審査: レーティング上位5名から、廣屋インターナショナル様が上位3名を決定

●開催日程 (日程が変更されました)
11/1〜11/17 11/1〜12/4 訳文受付
11/19〜12/2 12/5〜12/17 レーティング受付
12/3 12/18 1次審査結果発表
12/3〜12/8 12/18〜12/24 2次審査
12/9 12/26 2次審査結果発表
ネコ、ピンチ!
 
課題 Refosco
 
A recurring theme dal Solo is our enamorment with Ugly Duckling grape varietals and refosco (of the Red Peduncle), another putatively strictly from thirst cépage, is certainly a member of the club that it would not join if they would have it as a member. The varietal has a great, well, let us just say, highly partisan following in the climes of Friuli and Alto Adige where it produces a dark peppery wine with some degree of nervosity (though perhaps this latter attribute is merely due to proximity to former Yugoslavia). Our iteration is perhaps a little less sleek -- rich and plummy with a haunting almond fragrance. Refosco is a marvelous "sleeper" variety that enriches the world with its unique strangeness.


※訳文応募画面では、cépage が cepage と表記されます。
  また、斜体もすべて解除されます。

紹介文の画像はこちら!



 
 
協賛会社からのひとこと
 
この文章はBONNY DOON VINEYARDのオーナー Mr. RANDALL GRAHM氏のものです。独自のワイン哲学に基づく表現が処々にみられますが、氏のワイン造りの情熱を感じて下さい。また、広告宣伝に使いたいと思っていますので、香りや味の表現は、出来る限り、一般の方に分り易い言葉で訳し、このワインを買いたくなる日本語にしてください。

レフォスコと言うぶどう品種は、イタリア原産でしたが、18世紀にフランスに移植され、ある著名人によって Petit Pinot (プチ・ピノ) と銘名されました。これは明らかに期待度を増す名称で、カリフォルニアに到着したレフォスコ種はピノ・ノワール種そっくりで大いに間違いをする人々がいたようです。
Back