【アメリア】ワイン紹介文翻訳コンテスト4
翻訳コンテスト
ワイン紹介文翻訳コンテスト 第5回
概要
 
ワインの紹介文の翻訳コンテストです。
上位3名に選ばれた方には、課題のワインをプレゼント。
今回は
廣屋インターナショナルさまのご好意で、なんと上位4〜20位に入賞された方から抽選で3名の方にも課題のワインをプレゼントします!
未成年の方が入賞された場合は、20歳のお誕生日にお届けします。
ボトル画像
●協賛
廣屋インターナショナル (http://www.hiroya-inter.com/)

●審査方法
1次審査: レーティング (人気投票!)
2次審査: レーティング上位5名から、廣屋インターナショナル様が上位3名を決定

●開催日程 (日程が変更されました)
2/3〜2/16 2/3〜2/23 訳文受付
2/18〜3/2 2/24〜3/11 レーティング受付
3/3 3/12 1次審査結果発表!
3/3〜3/9 3/13〜3/18 2次審査
3/10 3/19 2次審査結果発表!

●受賞者発表
賞品のワインは、次の方に贈られました。みなさん、おめでとうございます!
  1位:snowwhiteさん
  2位:hoofeeさん
  3位:mijaさん
  ラッキー賞:バタさん、ようかんさん、poisson56さん
 
課題 Barbera
 

I must confess that I sleep sightly better at night knowing that there is, at long last, a Ca' del Solo Barbera, if not at the gates, again, at least, at some better wine stores somewhere.
Barbera, largely misunderstood, is another charter member of the vitaceous Ugly Duckling Society. Americans have a phobia about allegedly acidic wines - somehow they are not getting their money's worth, not enought pHs. Barbera can be quite acidic when not entirely ripe or when over-cropped, two utterly non-pertinent criteria in the case of this wine. For this is Barbera of a different type, utterly and succulently ripe - very rich and soft and primally suggestive of a genius day spent gathering wild berries. We, that is to say, not us, but other americani have no idea what they are missing. This wine is pure pleasure, a shmoo for those of you old enough to remember Al Capp before he went off the rails.


※訳文応募画面では、斜体は
すべて解除されます。

紹介文の画像はこちら!


 
協賛会社からのひとこと
 
この文章はBONNY DOON VINEYARDのオーナー Mr. RANDALL GRAHM氏のものです。独自のワイン哲学に基づく表現が処々にみられますが、氏のワイン造りの情熱を感じて下さい。また、広告宣伝に使いたいと思っていますので、香りや味の表現は、出来る限り、一般の方に分り易い言葉で訳し、このワインを買いたくなる日本語にしてください。

Barberaは、イタリアの北部ピエモンテ地方の有名な品種です。
今回は上位3名の他、参加してくださった方の中から抽選でさらに3名の方に課題のワインをプレゼントします。
Back