判例翻訳プロジェクト解説

有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

アメリア翻訳プロジェクトトップ > 判例翻訳トップ > アメリカの裁判と判例について

I .アメリカの判例とは
1.アメリカの判例を学ぶ理由・訳す理由
訴訟社会のウソとホント
判例による理論武装
   
2.アメリカの判例の学び方・訳し方
アメリカには「六法全書」がない
判例の引用は判じ物?

II .アメリカの裁判とは
1.アメリカの裁判の特徴
陪審制
−−法廷は劇場?
答弁取引と和解
−−決着は白か黒とは限らない
懲罰的賠償
ー−人民が「悪者」を懲らしめる制度
   
2.アメリカの裁判の手続き


A-1.刑事訴訟手続き
ーー「告発・逮捕」から「公訴の提起」まで


A-2.刑事訴訟手続き
ーー「審理前手続き」から「審理(公判)」まで


B-1.民事訴訟手続き
ーー「プリーディング」まで


B-2.民事訴訟手続き
ーー「審理前手続き」から「審理」まで
C.アメリカの裁判所
   
  印刷用の画面を表示


判例による理論武装

そもそも、英米では、制定法中心の大陸ヨーロッパや日本の法体系とは異なり、コモン・ローという判例法の体系を持ち、判例こそが法制度をささえる土台や基礎として機能しています。つまり、英米の法律は、過去の判例との継続性の中で、新しい判例を次々に生み出しながら発展してきたわけです。

もちろん、議会で制定された法律や憲法も法体系に大きく寄与していますが、あくまでも英米法の基礎は初期の時代に発達した手続きや原則に従った新しい事件の判決です。

この新しい事件と過去の判例との継続性を保つ上で重要なのは類似の事件を研究することで、裁判官は、個々の事例の相違点をしっかりと考慮しながらも、類似の事件は同様に判決されなければならないという「先例拘束」の原則に従った判断を下さなければなりません。

ただし、膨大な判例の中には矛盾したものがいくつも出てくるので、弁護士としては、いかにして自分の側に有利な判例を見つけるかが大きなポイントとなるのです。

したがって、アメリカのロー・スクールなどでは、抽象的な法理論よりも判例を学ぶことが重視され、実際の判例の問題点を抽出することに精通するよう教育されます。そうした現実的な知識を蓄えた弁護士が法廷に立つのですから、日本の企業がアメリカの法廷で争うときも、それに見合った情報武装と心がけが要求されるということです。

もちろん、法律を学ぶ立場の人や国際ビジネスの現場にいる人だけでなく、アメリカのビジネスや社会の実像をつぶさに知ろうと思う人であれば誰でも、アメリカの判例を具体的に検討する必要があります。それらは、アメリカという国で何が起きているか、またはこれまで何が起きて来たかを知る上で、最高の記録として読むこともできるのです。

しかし、われわれ日本人がアメリカの判例を読もうとしても、そこには大きな壁があります。

それは、英語であること、大量であること、さまざまな専門知識・背景知識が要求されることなどさまざまですが、たとえこれが経験ある翻訳者により仕事として訳出されてもそれが一般の人々の目に触れることはほとんどありません。

インターネット上では社会的意義を考えた個人の努力でボランティア的に訳出された判例が数多く存在しますが、できるだけ多くの判例をできるだけ多くの人間の知恵を出し合いながら翻訳すれば、そこには個人の営為では得られない知識の集積が見られるでしょう。

この判例翻訳プロジェクトは、広範にわたる判例翻訳データベースの作成と、例翻訳に関する知識の充実を目指すものです。