判例翻訳プロジェクト解説

有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

アメリア翻訳プロジェクトトップ > 判例翻訳トップ > アメリカの裁判と判例について

I .アメリカの判例とは
1.アメリカの判例を学ぶ理由・訳す理由
訴訟社会のウソとホント
判例による理論武装
   
2.アメリカの判例の学び方・訳し方
アメリカには「六法全書」がない
判例の引用は判じ物?

II .アメリカの裁判とは
1.アメリカの裁判の特徴
陪審制
−−法廷は劇場?
答弁取引と和解
−−決着は白か黒とは限らない
懲罰的賠償
ー−人民が「悪者」を懲らしめる制度
   
2.アメリカの裁判の手続き


A-1.刑事訴訟手続き
ーー「告発・逮捕」から「公訴の提起」まで


A-2.刑事訴訟手続き
ーー「審理前手続き」から「審理(公判)」まで


B-1.民事訴訟手続き
ーー「プリーディング」まで


B-2.民事訴訟手続き
ーー「審理前手続き」から「審理」まで
C.アメリカの裁判所
   
  印刷用の画面を表示


答弁取引と和解--決着が白か黒とは限らない

陪審制度がきわめてアメリカに「特徴的」であることは確かですが、裁判全体に占める割合からすると、陪審審理が行われるのはきわめて「例外的」でもあります。

陪審裁判で処理される割合は連邦刑事事件の数%、連邦民事事件全体の1〜2%という統計が出ています。


しかし、このことをもって、アメリカの裁判における陪審制度の重要性を低く見るのは誤りで、この数字自体は、アメリカの裁判がもつもう一つの大きな特徴に関係があると考えるべきでしょう。

それは、アメリカの裁判では、事実審理にいたる前に多くの事件が終結を見るということです。つまり、刑事事件においては答弁取引、民事事件においては和解などの審理前手続きにより、事件が終局してしまうわけです。


アメリカは日本と違って白黒をはっきりさせるとよくいわれますが、他方でアメリカには日本より現実的な解決を優先させる国民性もあります。事件が裁判手続きに持ち込まれる数は気が遠くなるほど多いけれど、必ずしも事実審理の手続きで解決するとは限らないという点も、「訴訟社会アメリカ」の見逃せない現実でしょう。