判例翻訳プロジェクト解説

有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

アメリア翻訳プロジェクトトップ > 判例翻訳トップ > 翻訳プロジェクトの進行について

1. 判例翻訳プロジェクトの構造
2. 翻訳チームの構造
3. 画面の見方
4. アイコンの使い方
5. 翻訳の進め方



参加翻訳者は、「判例」ごとにチームを組みます。

リーダー
(吉本秀人氏)

訳文全体をチェック、全体をまとめます。

モデレーター 訳文検討室での議論をリード、調整します。

知識提供者 米国の判例について知識を提供する人。仮訳文検討に参加します。知識提供者として参加するにはプロジェクトリーダーの推薦と事務局の承認が必要です。

翻訳者 各パートの翻訳を担当します(複数のパートを担当することも可)。



翻訳に関する意見交換は、「ユニット」ごとに行います。
したがって、翻訳中にわからなかった点などは、ユニットごとに挙げることになります。
具体的な方法については、「5. 翻訳の進め方」を参照してください。