在宅フリーランスの金融翻訳者、鈴木立哉さん Flavor
読み物
Flavor of the Month
<第126回>  全4ページ
「伴走者」からのアドバイス

加賀山 :これから金融翻訳者になろうというかたに、アドバイスをいただけないでしょうか。

鈴木 :翻訳会社に属さず、フリーランスの金融翻訳者としてひとり立ちしたいのであれば、翻訳を学ぶまえの大前提として、「実用英語技能検定1級」と「証券アナリスト1次試験」に合格してください。会社からの帰宅後や週末に真剣に勉強すれば、3〜4年で両方合格できるはずです。

加賀山 :かなり厳しい条件ですね。

鈴木 : ソースクライアントは、企業の金融部門の専門家や財務担当者、会計士や弁護士といった人たちですから、生半可な知識ではとうてい太刀打ちできません。そのふたつの資格を取得して、ようやくスタート台に立てる。本格的な翻訳の勉強はそこからだと思います。
 フリーランスの翻訳者というのは、向き不向きが明らかにある仕事なので、かならず一定期間、「疑似体験」したほうがいい。第1のチェックポイントは、あらゆる遊びを断念して、できた時間をすべて翻訳に充てられる生活を半年なり1年間続けられるかどうか。第2のチェックポイントは、そのような生活を過ごしたあと、「ああ、楽しかった」と思えるかどうか。このふたつがクリアできれば、向いていると考えていいでしょう。
 もちろん、その間も生活は支えなければなりませんから、会社を辞めるなら、3年ぐらい無収入でも耐えられるくらいの貯金をしておくことです。かつ、うまくいかなかったときの撤退の見極めを1年後と定めて次の就職口のめどをつけておく。1年ならまだ以前の市場価値近くで拾ってくれる会社があるでしょうから。

加賀山 :すでにデビューしている金融翻訳者にも何かありますか?

鈴木 翻訳力をつけることと、最新の金融知識を学ぶことは必須ですが、あとは同じように努力、苦労している「仲間」を見てモチベーションを高めることですね。僕も自分の活動を公開して、伴走者のように応援できればと思っています。

■どんな質問をしても即座に明快な答えが返ってくるので驚きます。毎朝、仕事のまえに翻訳の訓練をするという自己規律と、向上心にも。ひきかえ自分はぼんやりしているなあと反省することしきりでした。鈴木さんにうかがった話を肝に銘じて、がんばろうと思います。

前へ トップへ