【アメリア】Flavor of the Month 51 河崎 有美さん
読み物
Flavor of the Month
<第51回>  全5ページ


技術が好き、学ぶのが好き、そんな私のいるべき場所が特許翻訳なのです

坂田:研究者として社会人のスタートを切った河崎さんですが、その頃には想像もしなかったフリーランスの特許翻訳者の道を現在歩んでおられるわけですよね。この道を選んでよかったと思いますか?

河崎:私は、新しい技術に常に関われることがとても楽しいと感じる人間なので、特許翻訳は合っていると思います。それに、好奇心が強い人間なので、いろんな趣味をやりながらできるフリーランスという仕事の形態にもすごく満足しています。

坂田:河崎さんはフリーランスになるまでに、特許に関係するいくつかの会社に勤められたわけですが、それは必要だったと思いますか?

河崎:最初はどこかに勤めることが大切だと思います。特許を独学するのは、正直難しいと思います。法律文書は日本語がわかりにくいので、アレルギーが先に出ます。それほど難しいことを言っているわけではないのに、やたら敷居が高い。最初は仕事をしながら誰かに教えてもらうというのが楽なのではないかと思います。どうしても通うのが難しいのであれば、なにか特許に関する通信教育を受けてみるという手もありますね。

坂田:河崎さんは会社に勤めながら少しずつフリーランスの仕事を増やしていったんですよね。いきなりフリーランスになるよりも、そのほうがよかったですか?

河崎:そうですね。少しずつ土台を作ってからフリーランスに移行できたので、リスクが少なかったと思います。実は、先日、私が参加する"週末起業フォーラム"から「女性週末起業家賞」をいただきました。週末起業とは、会社を辞めずにリスクを抑えて小資本で起業するという考え方です。翻訳者を目指す方には合っているのではないでしょうか。私もこのおかげで、晴れて翻訳業一本でやっていけるようになりました。

坂田:そうですか、おめでとうございます。週末起業、おもしろい考え方ですね。では、いま特許分野の翻訳者を目指して頑張っている方に、河崎さんから何かアドバイスはありますか?

河崎:特許分野に限りませんが、訳している内容に興味がもてるかどうかが、いちばん大事なことだと思います。特許が楽しくなければ別の翻訳をしてもいいし、翻訳でなくてもいいのかもしれません。私の場合は、それがたまたま特許翻訳でした。私が師事しているカウンセラーさんがおっしゃっていましたが、「成功するコツはあきらめないこと」だと思います。私自身、TOEICは700点台ですし、英語ができるとはお世辞にもいえません。でも、技術が好き、学ぶのが好きという気持ちはおそらく誰にも負けないと思います。これは他に収入を持っていたのでできたことですが、最初は翻訳でもらった収入の倍くらいを資料に費やしていました。ご自分の長所を徹底して伸ばしていけば、そして投げずに続けていけば必ず自分がいるべき場所が見つかります。本当に楽しいのは仕事を始めてからです。がんばってください。

坂田:最後に、河崎さんの今後の目標を教えてください。

河崎:昨年フリーになって「アルティス翻訳事務所」という屋号をつけ、代表になりました。名刺も作ったので、今年から本格的に仕事をしたいと思います。具体的には、昨年から、自宅でする特許翻訳の仕事に加えて、「翻訳者向けに化学を教える」という仕事が加わりました。私が生徒として通っている翻訳セミナーで依頼されたのが始まりです。実際にやってみて、実は私って人前で話をすることに適性があるのでは?と感じました。楽しいんです。なので、翻訳は継続してスキルを高めつつ、今後は人前で話す仕事もしていきたいですね。翻訳のほうは、まだまだ英語力も足りないし、訳していて日本語力も圧倒的に足りないと思います。今年は、日本語を学ぶためにライターの勉強をしようと思っています。

坂田:河崎さん、有意義なお話をありがとうございました。

 
    英語が好きだから翻訳者を目指す方は多いと思いますが、英語は得意じゃないけれど、自分のやりたいことを追求していったら翻訳にたどりついた、という方も大勢いらっしゃいますよね。特許翻訳者を目指して通信講座の受講を始めてから約6年後に独立してフリーランスの特許翻訳者に。これから翻訳者を目指す方たちは河崎さんの歩んだ道のりを、ぜひ参考にしてみてください。
 
前へ トップへ