【アメリア】Flavor of the Month 61 小坂恵理さん
読み物
Flavor of the Month
<第61回>  全4ページ


英日翻訳者も日英翻訳を勉強すると役に立つ

坂田:小坂さんは、多重放送の翻訳の経験が訓練になって、短納期の翻訳にはある程度、自信があるということですが、速く訳すためにはどうすればいいのでしょうか?

小坂:皆さん、時間を区切られると、慌ててしまうんですよね。私は普段なるべく新聞を読むようにしています。特にノンフィクション分野の翻訳をしたいと考えている方は、普段から知識を得ておくことが大事だと思います。新聞を読むといっても、毎日、隅から隅まで読むのは無理なので、社説だけは日本語と英語の両方の新聞で目を通しておくようにしています。そうして両方の言語で読んでおくと、この用語はこういう英語になるんだ、といったことがインプットされます。自分が知っている情報であれば、知らないことよりは速く訳せますよね。例えば、私はパソコンが得意じゃないので、パソコンに関する書籍を短納期でと言われたら、まずお断りすると思います。でも金融や野球、ゴルフなど、ある程度なじみのある分野なら短納期でも引き受けられるのです。
 それから、先にも言いましたが、私には文才がないので、日本語の本をいっぱい読んで表現を盗むようにしています。私の読んだ本はすぐにわかると家族に笑われるんです。ページの端がたくさん折ってあるし、線が引いてあるし。使えそうだなと思う表現を見つけたら、すぐに印を付けてしまうんです。
 それからもうひとつ、目指しているのが英日翻訳だとしても、勉強として日英翻訳も経験しておくといいと思います。私自身、最初は自分に日英翻訳ができるなんて思っていませんでした。高校時代の英作文の思い出があるので、またあれをやるのはイヤだなと。でも、勧められてちょっとかじってみると、これが面白かった。日英翻訳ができると英語を読むのが楽になるんですよ。

坂田:アメリアに入会されたのは、つい最近なんですね。

小坂:はい。実はつい最近までアメリアのことを知らなかったんです。出版翻訳の分野でもっと間口を広げたいなと思い、インターネットで”出版” ”文芸” ”翻訳”など、複数のキーワードで検索しているうちに、アメリアのサイトを偶然見つけました。会員の皆さんが私の憧れの出版社からたくさん本を出しておられたので、私もその仲間入りをしたいと思い入会しました。

坂田:これから、どんなことにチャレンジしたいとお考えですか?

小坂:スペシャルコンテストはぜひ挑戦してみたいですね。それから、出版持込ステーションにも企画を提出したいです。先日、リーディングのお仕事で採用していただいたので、そこからも可能性が広がっていくといいなと思っています。
  翻訳家はたくさんいて、私も何冊か訳書を持っていますが、それで生計を立てているかというと、まだそこまではいっていません。出版翻訳の現状は厳しいですが、自分の収入で生計を立てられるくらいになりたいですね。出版翻訳は非常にスキルのいる仕事であるにもかかわらず、その見返りは決して十分なものだとは言えません。翻訳という素晴らしい職業が認知されて、みんなが安心して翻訳家を目指せるような環境ができるといいなと思います。そのためにも、「あの小坂さんがあれだけできるんだから、私もやってみたい」と思われるような存在になりたいですね。それには、何か大作を訳さないとだめですね。『大聖堂』(ケン・フォレット著)という作品が好きなので、あのような大作を手がけるのが翻訳者としての私の夢です。

 
   

年齢や子育てなど、ともすると言い訳にしてしまいそうな要素をまったく意に介さず、好奇心や興味の赴くまま、努力を怠らずに突き進む姿がとても力強くて素敵だなと思いました。自分のウィークポイントとセールスポイントをきちんとわきまえて、それを克服したり武器にしたりするところも見習いたいと思いました。いつかは夢の大作を訳せるように、頑張ってください!

 
前へ トップへ