【アメリア】Flavor of the Month 80 小野 佳奈子さん
情報・コラム
Flavor of the Month
<第80回>  全5ページ

小野 佳奈子さん

第80回

長期に渡る仏文研究、フランス留学を経て、フランス語の翻訳者に。通訳から産業、映像翻訳まで網羅するフランス語のエキスパート。 小野 佳奈子さん

Kanako Ono

分野を問わず、あらゆるジャンルに挑戦するバイタリティ。「お声がけいただくお仕事は、分野を問わずお引き受けするようにしています」

岡田 :本日のゲストはフランス語翻訳者の小野佳奈子さんです。長年フランスに留学され、現在は産業系の翻訳や通訳をされているということです。英語以外の翻訳者さんにお会いする機会が少ないので、フランス語翻訳の世界についていろいろとお聞きするのが楽しみです。小野さんはフランス語翻訳をはじめられてどれくらい経ちますか?

小野 :翻訳会社に積極的に登録して、フリーランスで仕事をはじめてからは5年ほどたちます。フランスから帰国後、本格的にはじめました。

岡田 :これまでにどのようなお仕事を?

小野 :これまでにお引き受けした翻訳案件で最もボリュームが多かったのは、ある官公庁向けの案件でサイバー犯罪条約についての調査資料でした。他に仏日翻訳では、法律の条文や通達、契約書など法律関連の文書が多いですね。マーケティング関連、都市開発、理系では原子力施設関連、また時々、歴史や宗教文化のような人文系の文書も翻訳することがあります。報道や海外情報番組など、テレビ番組向けの映像翻訳もいろいろとやらせていただきました。

岡田 :じつに多岐にわたる分野ですね! 法律、産業、映像、人文系と、マルチにこなされている印象です。

小野 :お声がけいただくお仕事は、分野を問わずお引き受けするようにしています。フランス語の場合、全体の案件数が英語に比べて少ないので、分野をしぼって仕事をするのはなかなか難しいという現実がありますし……。

岡田 :たしかに英語は需要もあれば供給もありますが、フランス語となるとまた違った世界かもしれませんね。

小野 :よくアメリアの記事に「専門分野を持つ」といったものがありますが、フランス語の場合、専門をいかしている方はどこか専属の会社で請け負っていることが多いかもしれません。フリーランスで同じような業界でお仕事される場合もあるかもしれませんが、多くの方はいろいろなジャンルをこなされているように思います。

岡田 :なるほど。小野さんは通訳もなさるとか。

小野 :はい、フランスにいた時からときどき通訳の仕事もします。特に訓練を受けていないので、「全力を尽くします」という感じではありますが……。

岡田 :英語の場合、企業に「英語屋さん」として勤めていない限りは通訳と翻訳の両方をこなすことはなかなか少ないかもしれませんね。

小野 :通訳は記憶をとどめておく訓練の世界ですから、やはり特殊ですよね。もちろん翻訳も訓練ではありますが……。翻訳だけでなく、通訳としてもきちんとしたお仕事ができるようにがんばっています。

トップへ 次へ