【アメリア】対談の部屋 12-6 翻訳お料理番鉄人座談会 Ms. Shellyお疲れ様でした&図書カード争奪レシピ公開しちゃいます!
読み物
対談の部屋
<第12回> 全6ページ
第12回 翻訳お料理番鉄人座談会 Ms. Shellyお疲れ様でした&図書カード争奪レシピ公開しちゃいます!

6.鉄人よりエール:お料理番には翻訳の心得やテクニックが満載。貴重なデータベースです!

F:それでは、最後にアメリア会員の皆様にメッセージをお願いします。

S:9月号の紙面でも申し上げましたが、お料理番開始当初と比べて参加者のレベルは随分、向上したように思えます。日頃からいろんなものに興味を持って、日本語英語問わずいろんな書籍に目を通して、見聞を広めると共に読解力やセンスを養ってください。その点、お料理番は様々なジャンルから課題を出しているので、いいきっかけになると思いますよ。

O:一見、訳しやすそうに見えるジョークですが、実は一番難しい分野。ジョークの背景にはその国や地域の歴史、伝統、文化、宗教が深く影響しているからです。翻訳者はそれらを日本国内に紹介する伝道師。その使命をとことん楽しんでもらいたいな。「ジョークは文章のテンポとセリフが命」を合い言葉にこれからも日本語とユーモアのセンスに磨きをかけていきましょう(笑)

F:やっぱ普段から『マザー・グース』とか聖書関連には親しんでおいた方がいいですか?

O:翻訳する者としては是非。それにジョーク以外で、この二つがベースになっているスピーチや記事、映画や小説のセリフなどいっぱいあるからね。

J:お料理番で取り上げた課題や総評は、翻訳学習における情報としてかなり使えると思う。なので、お料理番のページをコピーしてファイリングするとか、スキャンして専用のフォルダなどに蓄積するなど、自分の都合のいいようにカスタマイズしてデータベースを作ることをおすすめする。周期的に同じ事を繰り返し言ってるかもしれないけれど(笑)、課題は毎回異なるからね。

F:年を重ねると同じ事を何度も話すと言うじゃないですか。皆さん、わかってくれてますよ。

J&S&O:(ボカッ、ボカッ、ボカッ)そういうことじゃないでしょ!

F:い、いつもより3倍はさすがにつらいわ。エーン!

 
    さて、『翻訳お料理番〜鉄人対談編』いかがでしたでしょうか。お料理番フリークの方もそうでない方も翻訳について有益な情報を得る事ができれば、私どもは幸いでございます。Ms. Shellyはこれにて鉄人引退となりますが、翻訳者としてはまだまだバリバリの現役です。さらなるご活躍を期待しております。

そして、新鉄人Ms.Dragonが本誌12月号より登場しますのでお楽しみに! 今後ともお料理番へのご応募お待ちしておりまーす。ご意見などもお気軽にどうぞ。

※12年以上、共に交替で厨房を守ってきた三鉄人。懐かしい人物やエピソードに花が咲きまくり、当初予定していた時間を遥かにオーバー。敢えてタイムアップ宣言をしても話題が尽きることはありませんでした。
 
前へ トップへ