有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

辞書の図書館 辞書作成室INDEX
 ビジネス
  企業・創業
破産 その他
  契約
売買 代理
金融 債権&債務
その他  
  知的所有権
著作権 特許
  労働関係
雇用 報酬
労働災害  
 
 一般・社会
  公共
環境 人権
  マネー
その他  
  家族
養子 結婚&離婚
虐待  
  犯罪
殺人 性犯罪
強盗 麻薬
その他  
  被害・侵害
侵害 自動車事故
医療過誤 製造物責任
その他  
企業・創業 破産の判例について

米国で個人や企業が破産(倒産)する場合は、合衆国法典第11篇 (Title 11, U.S. Code)に相当する連邦倒産法(Bankruptcy Code)の定めに従うことになります。その中で第7章にあたる「清算 (Liquidation)」は「チャプター・セブン」とも呼ばれ、日本の破産法に該当し、第11にあたる「更生 (Reorganization)」は「チャプター・イレブン」とも呼ばれ、日本の会社更生法または民事再生法に該当する法律です。

以前の連邦倒産法では債務の免除が容易に認められるため倒産制度が濫用されているという指摘もありましたが、2005年における改正で、個人破産については、第7章手続を通じて債務者が免責を得ることが以前より困難になっています。

破産に関する訴訟では、破産裁判所(Bankruptcy Court)が申請された破産を認めるか否かの問題、破産法の適用による未履行契約(executory contract)の債権債務に関する問題などが争われます。