有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

辞書の図書館 辞書作成室INDEX
 ビジネス
  企業・創業
破産 その他
  契約
売買 代理
金融 債権&債務
その他  
  知的所有権
著作権 特許
  労働関係
雇用 報酬
労働災害  
 
 一般・社会
  公共
環境 人権
  マネー
その他  
  家族
養子 結婚&離婚
虐待  
  犯罪
殺人 性犯罪
強盗 麻薬
その他  
  被害・侵害
侵害 自動車事故
医療過誤 製造物責任
その他  
公共 人権の判例について

アメリカ合衆国では、合衆国憲法と州の憲法により、言論、報道、宗教の自由など市民の自由とプライバシーの権利が守られています。国家や州が国民に対して抑圧的な存在にならないよう、保証した取り決めがあるわけです。

ただし、憲法上の権利は必ずしも無限に認められるわけではなく、ある者の自由や権利が公共的な利益や他者の権利を侵害することもあり、批判と中傷、プライバシーの侵害と適法な犯罪捜査との線引きは必ずしも簡単ではありません。裁判所はこうした難しい問題に関わる判断を迫られることになります。