有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

辞書の図書館 辞書作成室INDEX
 ビジネス
  企業・創業
破産 その他
  契約
売買 代理
金融 債権&債務
その他  
  知的所有権
著作権 特許
  労働関係
雇用 報酬
労働災害  
 
 一般・社会
  公共
環境 人権
  マネー
その他  
  家族
養子 結婚&離婚
虐待  
  犯罪
殺人 性犯罪
強盗 麻薬
その他  
  被害・侵害
侵害 自動車事故
医療過誤 製造物責任
その他  
契約 売買の判例について

売買の取引が行われた場合、その当事者たちは契約法(contract law)という法の適用を受けることになります。契約法は、統一商事法典(UCC:Uniform Commercial Code)に基づき制定された州法や判例法(コモンロー)などにより構成されるものです。

売買契約は必ずしも契約書の作成という行為を必要とするものではなく、売り手と買い手の間に申込(offer)と承諾(accept)という行為が成立していれば契約と見なされます。売買契約に関する訴訟では、この申込と承諾が適法に成立していたかどうかが問われたり、売買した商品に何らかの不足や欠陥があった場合の担保責任(warranty liability)が問われたりするのが一般的です。

契約上の損害に関しては、契約違反(breach of contract)に基づく損害賠償と不法行為(tort)に基づく損害賠償があります。