有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

辞書の図書館 辞書作成室INDEX
 ビジネス
  企業・創業
破産 その他
  契約
売買 代理
金融 債権&債務
その他  
  知的所有権
著作権 特許
  労働関係
雇用 報酬
労働災害  
 
 一般・社会
  公共
環境 人権
  マネー
その他  
  家族
養子 結婚&離婚
虐待  
  犯罪
殺人 性犯罪
強盗 麻薬
その他  
  被害・侵害
侵害 自動車事故
医療過誤 製造物責任
その他  
契約 代理の判例について

代理関係(agency relationship)とは、Aという当事者がBという当事者に代わって何らかの行為をなし、その行為の効果がBに帰属する法律関係を指し、Aを「代理人(agent)」、Bを「本人(principal)」と呼びます。代理関係の形成は当事者同士の合意によるのが一般的ですが、第三者に対して当事者が何らかの表明をすることで代理関係が成立しているものとみなされることもあります。

合意により成立する代理人の権限=現実の権限(actual authority)には、言葉で明示された権限(express authority)とそれ以外の行為により黙示された権限(implied authority)がありますが、第三者に対して当該人物が代理人と見なされるような表明をした場合には、表見的権限(apparent authority)というものが成立します。

代理に関する訴訟では、代理人と本人の間に契約関係が成立していたか否かの問題、代理人が本人に代わってなし得る権限の範囲を逸脱していなかったかどうかの問題、第三者が表見的権限の存在を主張した場合の問題などについて争われます。