有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

 
仮訳文対訳表
 
ベビーパウダー購入裁判 パート1
翻訳者:aimama


ユニット番号欄にある件数ボタンをクリックすると、そのユニットの「訳文検討室」が表示されます。
意見を投稿したい場合は、投稿したいユニットの件数ボタンクリックしてください。

※プロジェクトメンバーのみ投稿が可能です。
印刷用画面
 
ユニット 原文 仮訳文
1

 5件 
MIKHLIN V. JOHNSON & JOHNSON ミフリン対ジョンソン&ジョンソン
2

 0件 


RONNIE L. WHITE UNITED STATES DISTRICT JUDGE
ロニー・L・ホワイト合衆国地方裁判所裁判官
3

 0件 

MEMORANDUM AND ORDER
意見書および命令
4

 5件 

This matter is before the Court on the Defendants' Motion to Dismiss and/or Strike (ECF No. 9).
本件は、被告による訴え却下および/または無効の申し立てに関し、審理に掛けられている (ECF No. 9)。
5

 2件 
This matter is fully briefed and ready for disposition. 本件は十分に議論され、決定を待つところである。
6

 0件 

BACKGROUND
背景
7

 3件 

Based upon various studies, Plaintiffs aver that "[w]omen who used talc-based powders to powder their genital area have a 33% increased risk of ovarian cancer compared to women who never used the powders."
原告は、様々な研究を基に、「タルクを主成分とするパウダーを生殖器周辺に使用した女性は、同パウダーを使ったことがない女性より、卵巣がんのリスクが33%高い」と主張している
8

 3件 
(Class Action Complaint, ECF No. 1, ¶4). (クラス・アクション訴答、ECF No. 1, ¶4)。
9

 3件 
Plaintiffs allege that "Defendants concealed, suppressed, and/or omitted material facts on the Johnson's(R) Baby Powder product labels and packages ... when they knew, or should have known, that use of Johnson's(R) Baby Powder by women was not safe and could cause a significant increased risk of ovarian cancer." 原告が主張するところによると、「被告は、女性によるジョンソンベビーパウダーの使用が安全性を欠き、卵巣がんのリスクを大幅に増加させうることを知った、または知っていたはずなのに、ジョンソンベビーパウダーの商品ラベルおよびパッケージ上で重大な事実を隠し、および/または削除した」。
10

 0件 
(Class Action Complaint, ¶92). (クラス・アクション訴答、¶92)。
11

 4件 
Plaintiffs set forth a two-count Class Action Complaint alleging claims for Damages Under the Missouri Merchandising Practices Act ("MMPA"), Mo.Rev.Stat. §§ 407.010 et seq., in Count I and for Injunctive Relief pursuant to the MMPA in Count II. 原告は2訴因のクラス・アクション訴答を提示したが、訴因1においてはミズーリ州物品売買法(MMPA)(Mo.Rev.Stat. §§ 407.010以下)に基づく損害賠償を請求し、訴因2においてはMMPAによる差止救済を求めている。
12

 0件 
Plaintiffs allege that they have used Johnson's(R) Baby Powder in the past few years "for personal use." 原告は、過去数年間、「個人使用の目的で」ジョンソンベビーパウダーを使用したと主張している。
13

 0件 
(Class Action Complaint, ¶11). (クラス・アクション訴答、¶11)。
14

 2件 
Plaintiffs allege that they "have suffered injury in fact and lost money as a result of the unfair practices alleged in the form of the purchase price paid for Johnson's(R) Baby Powder." また原告は、「実際に傷害を被り、ジョンソンベビーパウダーの購入に当てた代金という形で訴えられた不公正な取引の結果として金銭を喪失した」と申し立てている。
15

 0件 
(Class Action Complaint, ¶7). (クラス・アクション訴答、 ¶7)。
16

 2件 
Plaintiffs have not asserted any product liability claims, nor have they alleged they suffered personal injury as a result of using Johnson's(R) Baby Powder. (Id.). 原告は、製造物責任を主張しているのではなく、ジョンソンベビーパウダーの使用の結果、人的傷害を被ったと主張したのでもない。(同上)。
17

 0件 
Plaintiffs bring this lawsuit on behalf of themselves and other similarly situated Missouri customers who have purchased Johnson's(R) Baby Powder in Missouri. (Id.). 原告は、彼ら自身と、ミズーリ州でジョンソンベビーパウダーを購入し同様の状況にあるミズーリ州の消費者を代表して、本訴訟を提起している。(同上)。
18

 1件 

This action is before the Court pursuant to the Class Action Fairness Act, 28 U.S.C. §1332(d)(2).
本法的行為は、クラス・アクション公正法(28 U.S.C. §1332(d)(2))に従い、本法廷の審理に掛けられる。