有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

 
仮訳文対訳表
 
ベビーパウダー購入裁判 パート3
翻訳者:Tournesol


ユニット番号欄にある件数ボタンをクリックすると、そのユニットの「訳文検討室」が表示されます。
意見を投稿したい場合は、投稿したいユニットの件数ボタンクリックしてください。

※プロジェクトメンバーのみ投稿が可能です。
印刷用画面
 
ユニット 原文 仮訳文
1

 0件 

Defendants argue that Plaintiffs either lack standing or cannot state a claim because they have not alleged any injury based upon their purchase of Johnson's(R) Baby Powder.
被告らは、原告らがJohnson’s(R) Baby Powderの購入に基づく被害をなんら申し立てていないこととから、当事者適格を欠いている、もしくは、請求を申し立てることができない、と主張する。
2

 3件 
(ECF No. 10 at 7-10)(citing In re Bisphenol-A (BPA) Polycarbonate Plastic Products Liab. Litig.("In re BPA I"), 687 F. Supp. 2d 897, 912 (W.D. Mo. 2009) clarified on denial of reconsideration, No. 08-1967-MD-W-ODS, 2010 WL 286428 (W.D. Mo. Jan. 19, 2010)("While [Plaintiffs] may contend they would not have purchased the goods had they known about BPA, these Plaintiffs received 100% use (and benefit) from the products and have no quantifiable damages."). (ECF No. 10 at 7-10) (In re Bisphenol-A(BPA) Polycarbonate Products Liab.Litig. (“In re BPA”), 687 F. Supp. 2d 897 (W.D. Mo. 2009)を引用し、No. 08-1967-MD-W-ODS, 2010 WL 286438 (W.D. Mo. Jan. 19, 2010) の審査請求の拒否を明確にした。(「[原告らは]BPA事件を知っていたならば本製品を購入しなかったと主張するかもしれないが、この原告らは本製品を100%使用しており(またその恩恵を得た)、計測可能な損害はない。」)
3

 2件 
Defendants contend that Plaintiffs "received exactly what they expected and the risks they complain of never affected them." 被告らは、原告らは「原告らが期待したものをまさに得ており、同人らが訴えるリスクはなんら同人らに影響を及ぼしていなかった」と主張する。
4

 0件 
(ECF No. 10 at 10). (ECF No. 10 at 10)
5

 0件 
Therefore, Defendants assert that this Court should hold Plaintiffs "lack standing and their entire Complaint should be dismissed with prejudice." (Id.). したがって、被告らは、当法廷に対して、原告らが「当事者適格を欠き、かつ、同人らの一切の請求を棄却する」旨判示するべきと主張する。(同上)
6

 0件 

"The Court elects to treat the issue [of whether Plaintiffs have sufficiently alleged they suffered damage] as an alleged failure to state a claim because this is how the Eighth Circuit has treated the matter."
「当法廷は、(原告らが損害を被ったと十分に主張しているか否かについての)本争点を、請求申立を怠ったものとして取り扱うことを選択する。その理由は、上記は第八巡回裁判所が本争点を取り扱った方法であるからである。」
7

 0件 
In re Bisphenol-A (BPA) Polycarbonate Plastic Products Liab. Litig., 687 F. Supp. 2d 897, 910 (W.D. Mo. 2009). In re Bisphenol-A (BPA) Polycarbonate Plastic Products Liab, Litig., 687 F. Supp. 2d 897, 910 (W.D. Mo. 2009)
8

 0件 

In response, Plaintiffs contend that they have alleged an ascertainable loss.
対して、原告らは確認可能な損害を申立てていると主張する。

9

 0件 
(ECF No. 15 at 6). (ECF No. 15 at 6)
10

 0件 
Plaintiffs rely upon the allegation that they "suffered injury in fact and a loss of money in that they have been deprived of the benefit of their bargain and have spent money on Johnson's Baby Powder when it contained serious risks, which were known to Defendants but undisclosed, concealed, and misrepresented by Defendants." 原告らは、「被告らには知られていたが、同人らにより開示されず、隠されており、また不実表示をされた重大なリスクを本製品が含んでいる以上、原告らは実際に被害を被り、また、取引の利益を奪われ、かつ、Johnson’s Baby Powderに金銭を費やしたという点で、金銭的損失を被った」という主張に依存している。
11

 0件 
(ECF No. 15 at 6 (citing Class Action Complaint, ¶78); ECF No. 15 at 8 ("Plaintiffs paid more for the product than they otherwise would have paid for it had its safety risk been properly disclosed."); ECF No. 15 at 9 ("the injury will be redressed by a favorable decision in the amount of 'the difference between the actual value of the property and what its value would have been if it had been as represented'" (citing Sunset Pools of St. Louis, Inc. v. Schaefer, 869 S.W.2d 883, 886 (Mo. Ct. App. 1994)). (ECF No. 15 at 6 (クラス・アクション 訴状 ¶78を引用)); ECF No. 15 at 8 (「原告らは安全上のリスクが適切に開示されていれば、別のものに支払ったであろうが、それ以上の多く金銭を本製品に支払った」;ECF No 15 at 9 (「被害については、本資産の実際の価値と表明された通りであれば存在するであろう価値の差額について有利な決定により補償される」(Sunset Pools of St. Louis, Inc. v. Schaefer, 869 S.W.2d 883, 886 (Mo. Ct. App. 1994を引用)。
12

 0件 
Plaintiffs contend that "Defendants violated the MMPA with their deceptive business practices in marketing [Johnson's(R) Baby Powder] to consumers," not by "exposing people to personal injury from a risky product" as claimed by Defendants. 「被告らが主張するような『リスクのある製品によって人身被害に人々を曝す』ことによるのではなく、[Johnson’s(R) Baby Powderの]消費者へのマーケティングにおける詐欺的商慣習により、被告らはMMPAに違反した」と、原告らは主張する。
13

 0件 
(ECF No. 15 at 9, n.3). (ECF No. 15 at 9, n.3)
14

 0件 
Plaintiffs state that they are entitled to '"the difference between the actual value of the property and what its value would have been if it had been as represented.'" 原告らは、「本資産の実際の価値とそれが表明されていた通りであれば存在するであろう価値の差額」を得る権利があると主張する。
15

 0件 
(ECF No. 15 at 6 (citing Grabinski v. Blue Springs Ford Sales, Inc., 136 F.3d 565, 570 (8th Cir. 1998); Edmonds v. Hough, 344 S.W.3d 219, 223-24 (Mo. Ct. App. 2011); Clement v. St. Charles Nissan, Inc., 103 S.W.3d 898, 900 (Mo. Ct. App. 2003)).
(ECF No 15 at 6 (Grabinski v. Blue Springs Ford Sales, Inc., 136 F.3d 565, 570 (8th Cir, 1998); Edmonds v. Hough, 344 S.W. 3d 219, 223-24 (Mo. Ct. App. 2011); Clement v. St. Charles Nissan, Inc., 103 S.W. 3d 898, 900 (Mo. Ct. App. 2003)を引用)