有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

 
仮訳文対訳表
 
ベビーパウダー購入裁判 パート4
翻訳者:y.kgw


ユニット番号欄にある件数ボタンをクリックすると、そのユニットの「訳文検討室」が表示されます。
意見を投稿したい場合は、投稿したいユニットの件数ボタンクリックしてください。

※プロジェクトメンバーのみ投稿が可能です。
印刷用画面
 
ユニット 原文 仮訳文
1

 1件 

The Court holds that Plaintiffs cannot state a claim as a matter of law because they have not alleged an injury or ascertainable loss.
当裁判所は、原告の法律上の主張は失当であると解する。原告は、侵害行為又は立証可能な損害の有無を主張していないからである。
2

 0件 
Plaintiffs claim that they have not received the benefit of their bargain based upon studies indicating an increased risk of ovarian cancer associated with genital use of Johnson's(R) Baby Powder. 原告は、Johnson's(R) Baby Powderの陰部への使用が卵巣がんの発生率上昇に関係することを示唆する研究結果に基づき、本件売買契約における利益を享受していないと主張する。
3

 0件 
Plaintiffs state that they are not claiming physical harm or the recovery of personal injury damages. 原告は、身体的な被害の有無、または人身被害による損害の回復を主張しているわけではないと述べている(Class Action Complaint, ¶7)。
4

 0件 
(Class Action Complaint, ¶7).
5

 0件 
Thus, Plaintiffs are correct that this is "not a personal injury action." 以上によれば、原告の、本件が「人身被害の訴えには当たらない」という主張は至当である(ECF No. 15 at 2)。
6

 0件 
(ECF No. 15 at 2).
7

 0件 
The Court, however, agrees with the reasoning of In re BPA I in holding that Plaintiffs have suffered no injury. もっとも、当裁判所は、In re BPA Iの理由づけを採用し、原告は何ら権利の侵害を受けていないものと解する。
8

 0件 
Plaintiffs allege that they used Johnson's(R) Baby Powder, but do not allege that they have suffered any medical consequences. 原告は、Johnson's(R) Baby Powderを使用したと主張してはいるが、何ら医学上の影響を被ったと主張してはいない。
9

 1件 
While they contend that they would not have purchased and used Johnson's(R) Baby Powder had they known about the increased ovarian cancer risk, the Court holds that "these Plaintiffs received 100% use (and benefit) from the products and have no quantifiable damages." 原告は、件の卵巣がんの発生率上昇について知っていたならば、Johnson's(R) Baby Powderを購入し、使用しなかっただろうと争うが、当裁判所は、当該原告が、当該製品から100%の便益(及び本件売買契約上の利益)を享受しており、具体的に算定可能な損害を何ら被っていないものと解する。
10

 2件 
In Re BPA I, 687 F. Supp. 2d at 912; see also Hughes v. Chattem, Inc., 818 F. Supp. 2d 1112, 1118 (S.D. Ind. 2011)("Plaintiffs have neither alleged that the Dexatrim they took caused any physical harm nor even that it did not facilitate their weight loss efforts. In Re BPA I, 687 F. Supp. 2d at 912を参照。さらに、Hughes v. Chattem, Inc., 818 F. Supp. 2d 1112, 1118 (S.D. Ind. 2011)を参照(原告は、服用したDexatrimにより身体的な被害を被ったとも、これにより減量の労が軽減されなかったとも主張しなかった。
11

 0件 
They correctly state that hexavalent chromium is harmful in 'large amounts,' but they do not connect that piece of evidence to any facts personally affecting them."); Polk v. KV Pharm. Co., No. 4:09-CV-00588 SNLJ, 2011 WL 6257466, at *5 (E.D. Mo. Dec. 15, 2011 )("Plaintiff has not alleged the Medication was anything other than what it has always purported to be. 原告は、六価クロムの「大量」摂取は身体に有害であると正当に主張したが、身体に影響があったという事実を何ら証拠に結び付けなかった)。 Polk v. KV Pharm. Co., No. 4:09-CV-00588 SNLJ, 2011 WL 6257466, at *5 (E.D. Mo. Dec. 15, 2011 )を参照(原告は、本件薬物治療が本来のものではなかったと主張しなかった。
12

 0件 
Further, Plaintiff failed to allege he did not receive the benefit from the Medication for which he bargained; i.e. the medication did not perform as intended."). さらに、原告は、当該薬物治療から購入目的に見合った利益を得られなかった、つまり意図していたよりも効果がなかった、と主張しなかった)。
13

 0件 
The Court believes Plaintiffs' proposed liability theory, which requires no demonstrable loss of any benefit, would lead to absurd results and holds that Plaintiffs fail to state a claim as a matter of law.
当裁判所は、立証可能な損害は何ら必要でないといった原告の主張する責任理論は、不合理な結果をもたらすものと信ずる。よって、原告の法律上の主張は失当であると解するのが相当である。