有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

 
仮訳文対訳表
 
ベビーパウダー購入裁判 パート6
翻訳者:アレックス


ユニット番号欄にある件数ボタンをクリックすると、そのユニットの「訳文検討室」が表示されます。
意見を投稿したい場合は、投稿したいユニットの件数ボタンクリックしてください。

※プロジェクトメンバーのみ投稿が可能です。
印刷用画面
 
ユニット 原文 仮訳文
1

 0件 

Interestingly, Plaintiffs cite to Heberer v. Shell Oil Co., 744 S.W.2d 441 (Mo. 1988) at ECF No. 15 at 10.
興味深いことに、原告はHeberer v. Shell Oil Co., 744 S.W.2d 441 (Mo. 1988) at ECF No. 15 at 10を引用している。
2

 0件 
In that case, Herberer sued defendants/respondents alleging they made false collateral misrepresentations to him by falsely representing he would be given the right to operate a new service station to be located at 1240 Brentwood Boulevard if he would extend his current 3-year lease as a Shell dealer at 1421 Brentwood Boulevard. 同案件は、原告ヒーバラー(Heberer)が被告/被上訴人に対し、原告が仮にシェル石油販売者として現在のブレントウッド大通り(Brentwood Boulevard)1421番地の3年リース契約を延長すれば、ブレントウッド大通り1240番地を所在とする新たなガソリンスタンドの営業権が与えられると不当に表示するという行為により、被告/被上訴人が原告に対し誤った付帯事項を虚偽陳述したと主張して提訴したものである。
3

 0件 
The Missouri Supreme Court, however, affirmed an entry of judgment in favor of defendants where Heberer claimed no damages from that operation, and none were proved at trial. しかしながら、ミズーリ州上級裁判所は、原告はガソリンスタンド営業に関する何らの損害も請求しておらず、また、裁判でいかなる損害も立証されていないという被告の主張を支持し、原判決の判決登録を追認した。
4

 0件 
Id. at 443-44. Id. at 443-44.
5

 2件 

The Court also notes that several other cases cited by Plaintiffs were on review of class certification, which is a different standard of review than presented on a motion to dismiss.
また、本法廷は、原告らが引用する他の訴訟案件の数件は、棄却の申立に関する訴えではなく、集団訴訟における認証の再審議という再審理の異なる基準に関するものである点に注目する。
6

 0件 
See Craft v. Philip Morris Companies, Inc., 190 S.W.3d 368 (Mo. Ct. App. 2005); Plubell v. Merck & Co., 289 S.W.3d 707, 710 (Mo. Ct. App. 2009); Hope v. Nissan N. Am., Inc., 353 S.W.3d 68, 80 (Mo. Ct. App. 2011)(cited at ECF No. 15 at 9-10). Craft v. Philip Morris Companies, Inc., 190 S.W.3d 368 (Mo. Ct. App. 2005); Plubell v. Merck & Co., 289 S.W.3d 707, 710 (Mo. Ct. App. 2009); Hope v. Nissan N. Am., Inc., 353 S.W.3d 68, 80 (Mo. Ct. App. 2011)(cited at ECF No. 15 at 9-10)を参照。
7

 0件 

--------
II. Injunctive Relief
--------
II.差止救済
8

 0件 

As an additional basis, Defendants argue that Plaintiffs' claim in Count II for injunctive relief is improper because injunctive relief is a remedy, not a separate cause of action.
さらなる根拠として、被告らは、差止救済は独立した訴訟原因ではなく救済手段であるため、原告らの差止救済の第2訴因における請求は不適切であると主張している。
9

 0件 
(ECF No. 10 at 20)(citing Freeman Health Sys. v. Wass, 124 S.W.3d 504, 509(Mo. Ct. App. 2004)("We determine from the plain reading of section 407.025 that it provides no independent cause of action entitling Appellant to equitable relief in this matter.")(emphasis in original)). (ECF No. 10 at 20)(Freeman Health Sys. v. Wass, 124 S.W.3d 504, 509(Mo. Ct. App. 2004)を引用(「当法廷は、第407.025項から明白に理解できるとおり、本件において上訴人に衡平法上の権利を与える独立した訴訟原因を認めないと判断する」)。(強調は原文どおり。)
10

 0件 

The Court agrees that injunctive relief is a remedy, and not an independent cause of action.
当法廷は、差止救済は救済手段であり、独立した訴訟原因ではないことに同意する。
11

 0件 
Henke v. Arco Midcon, L.L.C., 750 F. Supp. 2d 1052, 1059-60 (E.D. Mo. 2010)(citing Plan Pros, Inc. v. Zych, No. 8:08CV125, 2009 WL 928867, at *2 (D. Neb. Mar. 31, 2009) (dismissing injunction claim against defendants because "no independent cause of action for injunction exists")); Motley v. Homecomings Fin., LLC, 557 F.Supp.2d 1005, 1014 (D. Minn. 2008) (dismissing claim for injunction because it was "merely" a remedy, not a separate cause of action); Fletcher v. Conoco Pipe Line Co., 129 F.Supp.2d 1255, 1264 (W.D. Mo. 2001) ("The Court agrees that there is no 'injunctive' cause of action under Missouri or federal law. Instead, Plaintiffs must allege some wrongful conduct on the part of Defendant for which their requested injunction is an appropriate remedy.")). Henke v. Arco Midcon, L.L.C., 750 F. Supp. 2d 1052, 1059-60 (E.D. Mo. 2010)(Plan Pros, Inc. v. Zych, No. 8:08CV125, 2009 WL 928867, at *2 (D. Neb. Mar. 31, 2009)を引用(「差止に対する独立した訴訟原因は存在しない」ため、被告に対する差止申立を棄却)。Motley v. Homecomings Fin., LLC, 557 F.Supp.2d 1005, 1014 (D. Minn. 2008)を引用(差止救済は独立した訴訟原因ではなく、“単なる”救済手段であるため、差止申立を棄却)。Fletcher v. Conoco Pipe Line Co., 129 F.Supp.2d 1255, 1264 (W.D. Mo. 2001)を引用(「当法廷は、ミズーリ州法および連邦法において“差止”の訴訟原因が存在しないことに同意する。それに代り、原告らは、原告らの差止要求が適切な救済手段であるとするために、被告側の不法行為を申し立てなければならない」)。
12

 0件 
Accordingly, Plaintiffs may seek injunctive relief as part of their prayer for relief in another claim, but this remedy cannot stand as a separate cause of action in Count II. Henke v. Arco Midcon, L.L.C., 750 F. Supp. 2d 1052, 1059-60(E.D. Mo. 2010); Secure Energy v. Coal Synthetics, LLC, No. 4:08CV1719 JCH, 2010 WL 1691184, at *3 (E.D. Mo. Apr. 27, 2010). For this additional reason, Count II is dismissed. 従って、原告らは、他の請求の救済を求める一環として差止救済を請求しているようだが、本救済は第2訴因の独立した訴訟原因として法的効力はない。Henke v. Arco Midcon, L.L.C., 750 F. Supp. 2d 1052, 1059-60(E.D. Mo. 2010); Secure Energy v. Coal Synthetics, LLC, No. 4:08CV1719 JCH, 2010 WL 1691184, at *3 (E.D. Mo. Apr. 27, 2010).この補足的理由により、第2訴因は棄却される。
13

 0件 

Accordingly,
IT IS HEREBY ORDERED that Defendants' Motion to Dismiss and/or Strike [ECF No. 9] is GRANTED.
従って、ここに被告らの訴え棄却/削除の申立[ECF No. 9]を認める。
14

 0件 
A separate Judgment will accompany this Memorandum and Order. 独立した判決が、本覚書および命令に付随するものとする。
15

 0件 
Dated this 13th day of November, 2014. 2014年11月13日決定
16

 0件 

/s/_________

RONNIE L. WHITE

UNITED STATES DISTRICT JUDGE
署名 _________

アメリカ合衆国 地方裁判所判事 
ロニー・L・ホワイト