有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

辞書の図書館 訳文検討室INDEX
 
 辞書作成室掲示板
 
 
  ナッシュ・CBS裁判 提案者:仮訳文作成メンバー一同
用語: 「著作名」の表記について
訳語候補:
説明: 著作名の表記は下記どおりといたします:
原題の意味を説明する目的で和訳をつけ、「原題」(日本語タイトル)とする。
例:「Twentieth Century Desperadoes」(20世紀のならず者達)

 著作名の表記 吉本秀人 2002/03/21 10:46:00
パート2ユニット2では、表記の問題について、十分に検討を重ねていただき、有難うございました! では、この件についての私の考えを述べさせていただきます。
   
 Re:著作名の表記 吉本秀人 2002/03/21 11:10:00
皆さんの仰る通り、初出時だけ原題の説明訳を付記し2度目の登場以降は原題のみ、という表記が読者に対して親切なので、基本的にはこれで結構だと思います。

ただ、著作物のタイトルの意味はそれを見た限りでは解釈困難のものもあり、「説明訳」が却って内容を誤解させる可能性もある点に留意したいところです。

たとえば、Sundownersというタイトルの映画があるのですが、この言葉には「仕事後の一杯」「放浪者」「厳格な海軍士官」「怠け者の牧羊犬」などまったく異なる複数の意味があります。この場合「放浪者(たち)」が最も近い意味だということは映画の内容を調べてみないと分かりません。文学や音楽などではこの内容確認がさらに困難な作業になる場合もあるかと思われます。

また、人名のタイトルなど説明訳が不要なケースは、例外的な扱いをした方がよいかもしれません。

邦題があるケースでは、やはり初出時に邦題を付記するのがよいと思われますが、出版物の場合は訳者名、出版社名などを併記する必要があるでしょう。