有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

辞書の図書館 訳文検討室INDEX
 
 辞書作成室掲示板
 
 
  「宗教」と「親権」事件 提案者:充田
用語: パート5/ユニット9 with the knowledge of 〜/adequate
訳語候補:
説明: このユニットの訳仕方について、かなり長い意見が交わされました。その意見交換のポイントを纏めてみると:(1) with the knowledge of 〜のknowledgeの意味上の主語は、原文文章の主語どおりMrs. Hadeenとすべきか、あるいはDr. Watsonと取ってよいか、(2) adequateの訳語は、本来の「適切な」とすべきか、あるいは「辛うじて、まあまあの」とすべきか、(3) ,and how以下は独立の文章と取るべきか、あるいは上記(1)の"of"の目的節と取るべきか−−−以上の3点だったのではないかと思われます。ZZ
(1)については、原文文章がMrs. Hadeenで始まっており、通常の場合はknowledgeの意味上の主語もMrs. Hadeenであるのが当然でありますが、直前のユニット8で"In Dr. Watson's report to the court, he made the following statement:"と述べられた直後にこのユニットが始まっているので、このユニットの文章全体はDr. Watsonのstatementそのものであり、knowledgeの意味上の主語は当然Dr. Watsonになると考えます。次に、(2)については、「適切な」と訳すのが本来ですが、パート2/3/4で紹介されたMrs. Hadeenの子育ての状況から「適切な」とは訳しにくいように思います。最後に(3)の,and how以下は、構成上独立の文章に訳す方にかえって無理があり、"of"の目的節と取る方が自然であると考えました。ZZ 以上の考え方から、まことに僭越ながらリーダーのご叱正を仰ぐために、また上記抽象的な意見交換だけでは意図が必ずしも明瞭にならないこともあり、あえて拙訳を提示させて頂きますと、下記のとおりとなります:
「夫人が関係している独裁的な超原理主義的キリスト教グループとの深い関係があるために苛酷な制限が課されていることを知り、またその深い関係のために、やがて子供たちが年を取り、この宗教グループと深く関わって行くにつれて、子供たちはますます家族や地域の関係から孤立して行くようになることを知った上で見ると、ハディーン夫人は子供たちに辛うじて子育ての環境を施している」。何分のご指摘・ご訂正をお願い申しあげます。

 with the knowledge of 〜/adequate 吉本 2004/09/06 18:31:29
この文はコロンの後に示されているので、前ユニットの文(発言主体は判事)から独立している(発言主体はワトソン博士)と考えるべきでしょう。つまり、これはワトソン博士がMrs.Hadeenについて発言した客観的な記述なのでknowledgeの主体はMrs. Hadeenであり、how以下はknowledge ofの目的節、with the knowledge of以下はハディーン夫人が子供たちに適切な養育環境を与える条件を示す副詞句であるように思います。

すなわち、文の構造は以下の通りであると考えます。

Mrs. Hadeen provides the children with an adequate parenting situation
with the knowledge of:
・the severe limitations brought on by her involvement with…
・how this involvement will ultimately result in the children…

また、adequateがparentingについて用いられる場合はほぼ例外なく「適切」であるか否かを示す意味になります。

したがって、だいたい次のような意味ではないでしょうか。

ハディーン夫人が子供たちに適切な養育環境を与えるには、彼女とこの権威主義的な超原理主義キリスト教団体との関わりによってさまざまな厳しい制限が生じていること、および、そうした団体との関わりの結果として、将来子供たちが長じるに従い団体の仲間たちとの関係が深まるとますます家族や社会から孤立するということについて認識する必要がある。