有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

辞書の図書館 訳文検討室INDEX
 
 辞書作成室掲示板
 
 
  乳がん検診事件 提案者:充田
用語: unless such failure is harmless
訳語候補:
説明: パート6/ユニット9

小生が極めて短絡的に、unless such failure is harmless は二重否定だから、if such failure is harmful と同じことであり、「かかる不作為(不開示)が有害である限り」と訳しても差し支えないのではないかと投稿したところ、Esperantoさんから反論の投稿を頂きました。同氏の主張は、unlessで導かれる節は、「もし・・・という例外的なことがなければ(プログレッシブ中英和)」という意味だから、「不開示が有害である限り」とは意味が違う−−−期限までに情報を開示しないと、相手方および裁判所に迷惑をかけるから、原則として制裁が科せられる−−−しかし、例外があって、(1) 相当な事由があること、または(2) 損害が軽微であることである−−−この二つをwithoutと、unlessで表現しているわけである−−− 「無害でない限り」と「・・・有害である限り」は論理学的には等価かも知れないが、ニュアンスを問題にする翻訳ではどうかと思う−−−と言うものです。そこで、"is not permitted to use"と結びつけて考えると、「無害でない限り、使用を許されない」(→ 「無害であれば、使用を許される」)ということですから、unless such failure is harmlessを「かかる不作為(不開示)が無害でない限り」と訳すことは原文に即していてbetterですし、上記(2)の例外条件にも対応しますから、Esperantoさんご意見に賛成いたします。ZZそこで、「有害である限り、使用を許されない」(→ 「有害でなければ、使用を許される」)と一見似たようなif such failure is harmfulという解釈が許されるのは、このユニットのように法令などの抽象的概念が述べられている場合ではなくて、例えば環境汚染問題などのような具体的・物質的な対象が述べられているような場合と考えてよいでしょうか?あまり頭の良くない質問で申し訳ありませんが、何なりとコメントを頂ければありがとうございます。















 unless such failure is harmless 吉本 2005/02/09 05:14:15
まず、unless such failure is harmlessをif such failure is harmfulに置き換えた場合に「かかる不作為が無害でない限り」が裏返って「かかる不作為が有害である限り」になるかというと、そうではないように思います。if such failure is harmfulは、「有害である場合」であって「有害である限り」ではありません。

ここで見落としやすいのは、unless節には「例外」の意味があるのに対してif節には「原則」の意味がないということ。「かかる不作為が有害な場合」はあくまでも「有害」な状況を「原則」でなく「ひとつの可能性」として仮定している表現です。したがって、もしunless such failure is harmlessをif〜と等価と考えて「かかる不作為が有害な場合は使用を認められない」と訳してしまうと、「有害」の場合が「原則」で、「無害」の場合が「例外」であるという意味が訳出されなくなります。

また、刑事訴訟手続においてはharmless error「無害の誤謬(手続的瑕疵)」という用語があり、証拠の採否などにおいて当事者に実害を与えたか否かということを示す「無害性」という概念が重視されているので、その意味からも「無害」はそのまま訳した方がよいと思われます。