有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

辞書の図書館 訳文検討室INDEX
 
 辞書作成室掲示板
 
 
  コレマツ強制収容所裁判 提案者:充田
用語: time enough/,and we have its terms before us.
訳語候補:
説明: パート5/ユニット6

この判例で、上訴人側が各種発令された法令/命令を相互に不可分なものとすることで人種差別などを根拠として違憲に持ち込もうとしているのに対して、最高裁は本件を専ら上訴人がExclusive Order No.34に違反して軍事地域に留まっていたこと1点に絞って、原審の有罪判決を維持しようとしているのではないかと思います。
(1) もしそうだとすると、このtime enoughの意味は何であろうかと迷っている最中に、たまたま英辞郎の訳語に「まだ早い」とあるのが目に入りました。ただし、残念ながら、この訳語で納得できるだけの例文の掲示も何もないので、果たしてこれでよいのか、まだ半信半疑でおります。仮にこの訳語が正しいとすれば、原文最初の3.5行は「集合命令もしくは強制移転命令が適用されるか、または適用が確実となった時点で、上訴人が提起しようと求めている重大な憲法問題を決定するのは、まだ早い」となると思います。
(2) 次に、,and we have its terms before usは、これまた解らないので四苦八苦しておりますが、its termsのitは”an assembly or relocation order”を指すとしか考えられないので、「集合命令もしくは強制移転命令の条件は当法廷に提示されている」ということではないだろうかと思っております。
上記まことに頼りない解釈を述べましたが、何分のコメントを頂戴できればありがとうございます。

 time enough/,and we have its terms before us. 吉本 2005/11/02 08:48:28
確かにtime enoughには「まだ早い」の意味がありますが、これは「時期尚早」の意味ではなく、むしろ「十分早い」と解すべきところですね。

つまり、この場合のようにit will be time enough to〜when〜の形では、「to〜のことをするのはwhen〜の時点でも十分早い」→「to〜のことをするのはwhen〜の時点になってからにすべきだ」「to〜のことはwhen〜の時点まですべきではない」という意味になるでしょう。

このwhen節の一部であるwe have its terms before usの意味は、we=「当法廷」がits terms「その条件」をhave〜before us「検討する/審議する」→「当法廷でその件を審議する」といったところでしょうか。

ですから、この部分は「重大な憲法問題について判断するのは、集合命令もしくは強制移転命令が上訴人に適用されるかまたは適用が確実となり、その件を当法廷で審議する段階が妥当である」といった意味ではないでしょうか。