有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

辞書の図書館 訳文検討室INDEX
 
 辞書作成室掲示板
 
 
  レストラン強盗殺人裁判 提案者:充田
用語: one way of committing the offense charged/defendant's unprotected conduct
訳語候補:
説明: パート5/ユニット5

このユニットで合衆国最高裁がZant裁判で強調した内容が述べられていると思いますが、
one way of committing the offense chargedとdefendant’s unprotected conductに関わる2つの部分がよく解らないので困っております。

これらの2つの部分はどちらも強盗という違法行為を指しているのではないかと思います。
(1) if one way of committing the offense charged is not legally properというのは、起訴された犯罪実行の一つの方法(=強盗)が法的に適切でない場合---ということだと思いますが、それは強盗という訴因は既に少年裁判所の判決で使用されているので、事実審の訴因としては使用できないという意味で「法的に適切でない」と述べられているのではないかと理解しております。
(2) even if the defendant’s unprotected conduct, considered separately, would support the verdictというのは、たとえ被告人の保護されない行為(=強盗)が別途審理されれば陪審評決を支持する場合でも---ということだと思いますが、それは強盗という犯罪が事実審の場ではなくて、少年裁判所における審理であれば(, considered separately,)、陪審評決を支持する場合でも---と言おうとしているのではないかと理解しております。

上記(1)/(2)の理解でよいのかどうかコメントを頂戴できれば、ありがとうございます。



 one way of committing the offense charged/defendant's unprotected conduct 吉本 2006/06/28 08:53:01
投稿が遅くなり、大変申し訳ありません。

この記述はharmless error(無害の手続的瑕疵)の法理を検討した連邦最高裁の先例であるZant判決からの引用であり、あくまでも一般的原則を述べているので、本件を含めて具体的にどの事件を指しているということはありません。引用意図を整理しましょう。

Zant判決では「複数の事由に依拠して有罪評決が下され、そのうちのひとつの事由が判断材料として不適切(違憲)であった場合」を以下の二つのケースに分けて考えています。
1. 複数の事由のうち、有罪評決がどれに依拠したか明確でない。
2. 複数の事由のうち、有罪評決が不適切でない事由に依拠していることが明確である。

そして、上記二つのケースのうち、1の場合は有罪評決を無効にする必要があるが、2の場合は有罪評決を無効にする必要はないというルールを示しています。

さて、本件の判例では、まずパート3において当法廷(第9巡回区控訴裁判所)におけるZant判決の本件への適用に関して述べ、パート5においては被上訴人の主張の中でネヴァダ州最上級裁判所が本件原審を審理した判決におけるZant判決の適用部分を引用しています。

このパート5では、当法廷の判断としてネヴァダ州最上級裁判所のZant判決に関する判断が間違っていると指摘し、その正しい読み方を述べているわけですが、そこで引用しているのは上記のケース1について述べた部分です。

Zant判決原文でケース1の説明に使用されている裁判は、一人の共産党員がカリフォルニア州の刑法で違法とされている行為(特定の目的において赤旗を掲げる)を行ったことで有罪判決を受けた事件ですが、この場合、州法で違反行為と規定される赤旗を掲げる目的三つのうち一つの目的は合衆国憲法上保障されている行為であり、これを違法行為とは見なせない。また、その三つの目的のどれに依拠して有罪評決がなされたか不明(したがって合憲の行為に依拠している可能性もある)なので評決を無効にすべしという判断が下されています。

パート5で引用された部分もこの裁判の内容を踏まえたものなので、unprotected conductはconstitutionally unprotected conductということになるでしょう。not legally properは行為自体が「違法」ということではなく、当該行為を訴因とすることが法律上(憲法上)適切でない、ということだと考えられます。

したがって、充田さんがお示しの部分については、one way of committing the offense chargedが「訴因とされた犯罪実行方法の一つ」、defendant’s unprotected conductが「被告人の憲法上保障されない行為」といった意味であるものと考えられます。