有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

辞書の図書館 訳文検討室INDEX
 
 辞書作成室掲示板
 
 
  ビング・クロスビー遺産裁判 提案者:充田
用語: privilege log
訳語候補:
説明: privilege logの訳語統一

privilege logの訳語が下記のようにバラついております。


パート1/ユニット24 : 秘匿特権文書
パート2/ユニット3 : 特権ログ
パート4/ユニット13 : 秘匿特権表

英米法辞典その他にどうも定訳はないように見受けますが、例えばネット検索すると、http://www.nvbar.org/publications/Nevadaのサイトに"PRIVIELE LOGS IN NEVADA"というサイトがあり、その中にEXAMPLE PRIVILEGE LOG ENTRIESという項目があって、pvivilege logのフォームの1つの具体例が示されておりますが、リストの項目にDocument Identiffier/author & Capacity/Recipients & Capacities/Others w/Access & Capacities/Type of Document/Subject Matter of Document/Purpose for Production of Document/Date of Document/Grounds for Privilege/Immunityが要記入事項として記載されております。

上記例などを見ると、例えば特権目録と訳しても良いみたいに思われますが、今回判例の訳語として、どんな訳語で統一したら良いかご意見を頂きたいと思います。


 privilege log 吉本 2011/02/04 17:23:01
privilege logは秘匿特権の対象となる文書の一覧を示したものなので、「秘匿特権文書」でも「秘匿特権表」でも説明が不足しているように思われます。「秘匿特権ログ」では分かりにくいですね。「秘匿特権目録」では「文書」という点が訳出されていないうらみがあります。

ここでは少し長くなりますが

「秘匿特権対象文書一覧表」

のように訳してはいかがでしょう。