有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

辞書の図書館 訳文検討室INDEX
 
 辞書作成室掲示板
 
 
  ロサンゼルス暴動ビデオ裁判 提案者:充田
用語: KCAL had other footage of the beating available to it
訳語候補:
説明: パート1/ユニット23

比較的簡単な文章ですが、その訳出に関して意外に種々の意見が寄せられました。

このitはKCALを指しており、「KCALには同社にとって入手可能な殴打事件の外の映像があった」、つまり「KCALは他所でも殴打事件の映像を入手することができた」という意味と諒解いたします。

その解釈を裏付ける根拠の1つとして、例えば、パート5/ユニット15にthere is no evidence that alternatives were not available (albeit from a less desirable vantage point).という文章が出て参ります。この文章は、LANSの映像は現場上空を飛ぶヘリコプターから事件を捉えた理想的アングルからの撮影であったが、これに対して(例えば現場周辺のビル屋上など)撮影アングルがこれほど望ましい映像ではないにしても、LANS映像の代替物が全然なかったという証拠はない---つまり、撮影効果の品質は落ちてもLANS以外に映像の供給者はいた---ということではないかと思います。

上記どおりの諒解で良いものかどうか、コメントを頂戴したいと存じます。

  KCAL had other footage of the beating available to it 吉本 2006/12/13 06:33:51
これはA have B available to A.「AにとってBが入手可能(使用可能)」という表現ですね。たとえば「利用可能な信用枠」ならthe credit you have available to youということになります。

この文の場合、KCALが上記「A」、other footage of the beatingが上記「B」に相当するので、充田さんがご提案になった解釈と同様な意味になるものと思われます。
すなわち
「KCALはLANSの映像以外にも殴打事件の映像を入手することができた」
ということ。