有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

辞書の図書館 訳文検討室INDEX
 
 辞書作成室掲示板
 
 
  アスベスト労働災害裁判 提案者:充田
用語: exposure/expositionは暴露か、曝露か
訳語候補:
説明: 去年の「歯科材料裁判」では、exposure/expositionを「暴露/暴露する」で統一しました。
今回の判例の仮訳文では、曝露という漢字の使用者と暴露という漢字の使用者が混在しております(パート1/ユニット12, 4/10, 5/11が曝露、2/8, 3/10が暴露)。漢字本来の表現では「曝露」がより正しいと思いますが、最近の漢字表記の簡素化傾向を反映して、Googleでチェックすると、2月25日現在「曝露」のヒット件数が422,000件なのに対して、「暴露」のそれが3,090,000件にのぼっております。また、パソコンのWORDの文字変換では、「ばくろ」と入力すると、曝露と暴露の2通りが出て参ります。一方、英辞郎/ジーニアスなどの英和辞典の訳語では「暴露」が採用されていますが、リーダースの訳語ではexpositionは「暴露」になっているのに、exposureでは「曝露」となっています。要するに現在は「曝露 → 暴露」の過渡期的な現象を呈しているのではないかと思われますが、その当否は別として、どうも傾向として長期的には「暴露」になって行くような気がいたします。昨年「歯科材料裁判」では「暴露」で統一したこともあり、われわれの判例翻訳プロジェクトでは「暴露」で統一しておいた方が良くはないかと存じますが、ご意見をお願いいたします。

 exposure/expositionは暴露か、曝露か 吉本 2007/03/06 04:28:39
結論としては、漢字は公式に(あるいはより広く)使用されているものを使うべきなので、充田さんのおっしゃる通り「暴露」を使うということでよいと思います。

このような同音の漢字による書き換えは、昭和31年の国語審議会報告で提唱されて以来徐々に行われていますね(普及したのは昭和56年の常用漢字表採用以来)。

本来は「さらす」という意味で「曝」を使っていたわけですが、「曝」が常用漢字にないため、厚生省なども「暴露」を使っているとのこと。「暴」にも「曝」と同じく「さらす」の意味があるようなので、とくにこだわる必要はないのかもしれませんが、「暴露」は「暴く」方の意味で定着しているので紛らわしいことは確かです。

また、個人的な感覚としては「曝露」の字面の方に有害物質の恐ろしさを感じさせるものがあると思います(だからこそ、書き換えの提唱があってから半世紀も「曝露」が残っているのでしょう)。