有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

辞書の図書館 訳文検討室INDEX
 
 辞書作成室掲示板
 
 
  ボブ・ディラン盗作裁判 提案者:ウッキー
用語: controlling law or fact, controlling decision of law
訳語候補: 根拠となる法や事実、根拠となる法的判断
説明: 以下、吉本先生からのアドバイスです!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この場合のcontrolling〜は、「(問題を解決したり、主張を裏付ける上で)根拠となる〜」
という意味で使われています。controlling lawはその意味で「準拠法」と訳
されることもありますが、今 回のようにcontrolling law or factとなっている場合は、
訳の表現を揃える意味から「根拠となる法や事実」といった訳にしてはいかが
でしょう(ここでいうlawは狭い意味での「法律」=「制定法」よりも判例
などの慣習法を含めた幅広い「法」を指しているものと考えます)。

以前、辞書作成室でcontrolling authorityの訳語に「有効な典拠」を提案していますが、
こちらの場合はauthority「典拠」の方に「根拠」の意味が含まれているので、
「(根拠)となる」→「(根拠)とすることができる」の部分だけを抽出して
「有効な」という訳にしています。根拠の意味を含んでいない「法」や「事実」を
修飾する場合は「根拠となる」のようにした方がよいと思われます。

controlling decision of lawは「根拠となる法的判断」でよいでしょう
(not controllingなら「根拠とならない」)。

要するに、この文脈で述べられているのは、「もし下級審の判決に異議を唱えるなら、
その主張の根拠となる法や事実を提示しないとダメ!」ということになりますね。