有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

辞書の図書館 訳文検討室INDEX
 
 辞書作成室掲示板
 
 
  シェルダン裁判 提案者:充田
用語: 人名Madeleine Smithの和訳
訳語候補:
説明: 気になりながら、検討期間中にご相談できませんでしたが、Madeleine Smithの和訳が三種類仮訳文に出て来ます。「マデリン・スミス」(パート1/ユニット8)、「マデリーン・スミス」(3/9)、「マドレーン・スミス」(4/10)ですが、この内何か定訳の根拠をお持ちの方あれば教えて下さい。もし無ければ、辞書の発音記号から見て、「マドリン・スミス」も含めて、どれを採ったら良いか、ご意見をお聞かせ下さい。

 マデレーン ワイホン 2003/02/18 23:32:00
外務省のホームページで、オルブライト前国務長官(Madeleine Korbel Albright)が「マデレーン」と表記されておりますので、最適かと思います。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/summit/denver/albr.html
   
 Re:マデレーン 充田 2003/02/19 10:48:00
ワイホンさん、貴重な情報を頂いて、ありがとうございました。もう少し皆さんのご意見をお待ちして、特に反対意見なければ、リーダーにお取次ぎする仮訳文の最終訳例はご提案どおりにしたいと思います。なお、2月17日パート1/ユニット23に関するご返事の投稿で、あろうことかワイホンさんを呼び捨てしてしまい、大変失礼いたしました。お詫びいたします。
 
 Re:マデレーン 吉本 2003/02/27 09:13:00
基本的に、固有名詞の表記については、カタカナが厳密に英語の発音を表現できない以上、本当の意味で「正しい表記」は存在しないものと考えます。したがって“正しさ”はあくまでも相対的なものになるでしょう。また、英国以外からの移民などについては、当該国の発音にするか英(米)語国式の発音にするか、とくに著名な人間でない限り特定し難く、多くの場合推定の範囲を出ません。定着度についても感覚的なものが支配するので、なかなか難しいものです。

そのため、英文表記のままに・・・という誘惑にもかられるのですが、少なくとも判例を一般の利用に供する上ではかなり読みにくいとの懸念があるため、今後は、パート間に異なる表記が存在する場合にモデレーターの方から辞書作成室で一つのカタカナ表記を提案していただいて異論がなければそれで統一するということでお願いしたいと思います(今回は充田さんにご提案いただいた表記それぞれにモデルケースとして私見を述べますが)。
* 「ブローカー詐欺裁判」の辞書作成室で北さんからご提案を受けている「過去の事件名」については、英文表記に統一したいと考えます(これについては別記します)。

ただし、次の考え方をカタカナ表記の一応の目安とします(あくまでも便宜的に)。

1.一般に定着し、かつ原音に近い(原音とかけ離れていない)表記があればそれに従う。
 * たとえば、原音に近いといってもMooreのことを「モーア」などとはせずに「ムーア」と書くなど(一部の俳優名鑑類では実際に「モーア」としています)。
2.一般に定着した表記がなければ、日本語として自然な範囲で原音に近いカタカナで表記する。
 * 原音については(発音)辞典などを参照のこと。
3.英国以外からの移民、あるいは米国人の名前として定着していない名前については、母国式の発音に従う。
 * 不明なものについては英文表記にして、後で統一しても結構です。

Madeleineについては、元はフランス系の名前ではありますが、米国人の名前として相当程度定着しているので、米国式の発音で考えましょう。

ワイホンさんご指摘の通り、外務省のホームページでは「マデレーン・オルブライト」と表記されていますね。ただし、報道などでは「マドレーン・オルブライト」としていることも多く、「マデレーン」という表記単独で考えるとあまり用いられていない(googleで検索すると80件あまり。「マドレーン」は千件を超えます)ことから考えると、「マドレーン」の方が一般的であるように思います。deの発音は「デ」でも「ド」でもないのでこの点についてはどちらも忠実とは言い難いでしょう。

他方、leineの部分の発音には同じ米国式でも-lein(オルブライトさんの表記はこれに従ったわけですね)の他に-linがあり、こちらは原音より短い「リン」か原音より長い「リーン」と書かれます。女優のMadeleine Stowe「マデリ(ー)ン・ストウ」やMadeleine Carrol「マデリ(ー)ン・キャロル」などはこちらの方で表記されるのが一般的です。

元国務長官に比べて女優の表記をひいきするわけではないのですが、ここではgoogleでの検索結果などの定着度をふまえて「マデリーン」を採りたいと思います。