有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

辞書の図書館 訳文検討室INDEX
 
 辞書作成室掲示板
 
 
  ブローカー詐欺裁判 提案者:北
用語: manipulative or deceptive deiviceなど
訳語候補: 相場操縦的もしくは詐欺的策略
説明: (パート2ユニット20)まずはfraud/deceit/deceptionの質問がメンバーに呼びかける形の文であることをお詫びいたします。その質問から派生する語の、訳し分けの問題です。見出しの訳語はユニット内説明の通り、資料に基づいた提案です。
   1.まず、この判例で頻出する'deceptive device'を「詐欺的策略」としますと、杓子定規に過ぎますが、deceptive practices(4-1)も「詐欺的・・」と統一していくことになります。
   2.別の箇所で(3-9)'fraudulent scheme' を「詐欺の企み」と訳しメンバーの合意を得ましたが、上記「詐欺的策略」とこの「詐欺の企み」両者を日本語の中で適切に訳し分けているか今となると疑問が残ります。早計であったかもしれません。さて、これにつながり、fraudulent practices(3-14), fraudulent intent (5-8)などの訳も「詐欺」をもとに語を形成していくことになりますが、適切でしょうか。
   3.また別に、'manipulation of a particular security'(2-9、4-6)を「騙取」という訳をメンバー間では承認した形となりました。控訴審の引用文の訳文として適切であると判断いたしましたが、上記資料(2-20)に基づき'manipulative device'を「相場操縦的」としてしまいますと、日本語上はつながりが途切れてしまう点に不安が生じます。
   用語の統一にむけての議論は、メンバー間では力尽きたという印象をもっておりますが、深く広くを行うべきであったと深く反省しております。

 re:manipulative or deceptive deiviceなど 吉本 2003/02/27 11:32:00
deceptive deviceは「米国証券取引規制法概説」にあった「欺罔的策略」でよいと思います。

manipulateはuse or control it for their own benefitと定義されていますが、証券の売買に関して用いられる場合は自らの利益のために相場を動かす「相場操縦」が適訳と考えます。したがって、manipulation of a particular securityは、「特定証券の相場操縦」でよいのではないでしょうか。「騙取」は欺罔によって財物を奪取することであって、相場操縦とは異なる概念です。「特定」は“具体的に何かの”という意味で使っています。相場操縦をしたという場合、どの証券か特定できるか否かという点を念頭に置いた表現でしょう。

控訴裁判所がSECの主張を排した理由の一つは、「本件は個人の財産を奪いはしたが、(市場の信頼性を損なったり投資家の理解を妨げたりする)相場操縦をしたわけではない」という点にありました。これに対して最高裁では、「ブローカーや一任勘定に対する投資家の信頼を損なっている」と反論しています。