有志で協力して社会的意義のあるコンテンツを翻訳『翻訳プロジェクト』

辞書の図書館 訳文検討室INDEX
 
 辞書作成室掲示板
 
 
  アタリ・オマーン裁判 提案者:充田
用語: 判例翻訳上のルールについてお伺い
訳語候補:
説明: 従来判例和訳を重ねる中で、自然にルールらしいものがいくつか出来上がってまいりましたが、これらのルールを何処か然るべき場所に掲示しておいてはどうかと言う提案が持ち上がっておりますが、具体的方法は事務局とご相談するとして、従来取り決められた「ルール」としては、取り敢えず下記程度のものでよいかリーダーのご意見を伺いたくお願いいたします。

(1) 法廷意見の文中に引用された英文表記の判例・法律・法典・法規などは、英文表記のまま引用して和訳しないものとする。

(2) 法廷意見の文中に引用される著書、文献、映画、テレビ番組など表題・題名の英文表記については、日本語表記の定訳がある場合、最初だけ英文表記の後に( )で日本語表記も引用することとし、二回目以降は英文表記のままで引用することとする。

<例> ナッシュ裁判に出て来るテレビ番組の題名:
イ. 初出の場合:The Dillinger Dossier (デリンジャーの指紋)
ロ. 二回目以降:The Dillinger Dossierだけを引用して書き込む

(3) コモン・ロー/アイデア/オプション/リースなどのように、英語固有概念で、カタカナ表現が定着しているもの、もしくは日本語に該当概念がない場合は、原則的にカタカナ訳を使用する。

(4) “District Court”は訳文中の最初だけ「地方裁判所」と訳し、後は「地裁」と略記する。

(5) 法廷意見の中で”we”が主語として出て来る場合は、原則として「当法廷」と訳す。

 メンバーズページに既に記載されている事項 充田 2003/04/21 11:44:00
本日アメリア事務局とお話していて、上記投稿でご提案してある事柄の多くが、既にメンバーズページの「仮訳文作成上の注意(判例)」に掲載されていることがわかり、愕然としました。事務局によると、この記載事項は、主として新規に判例翻訳プロジェクトに参加される方々のためのものであったため、我々モデレーターにはこの記事について通知が従来特になされなかった模様で、そのため上記投稿内容が議論になった時、この記載事項のことが議論の俎上に載らなかったものと思われます。従って、今後我々がなすべきことは、これからどのようにして「仮訳文作成上の注意(判例)」の内容を充実させて行くかを、先ず議論のスタートにしたら良いと思いますので、とりあえず上記投稿は取り下げさせて頂きたいと思います。(このメンバーズページ記載事項に今まで気づいていなかったことは、事情の如何を問わず、恥ずかしく思っております)。
   
 Re:メンバーズページに既に記載されている事項 吉本 2003/04/21 16:46:00
了解いたしました。

ただし、著作物名などについて、邦題のあるものには異なる基準を採用した方がよいのではないかと考えているところなので、方針がまとまり次第、お知らせいたします。
 
 Re:メンバーズページに既に記載されている事項 2003/04/21 17:02:00
今回は、書物でない著作物の表記をリーダーにお伺いすることに端を発しており、ここで充田さんはメンバーズページの内容を発展させたセクションの創設を提案されているのだ、と理解しておりました。「ブローカー詐欺事件」では、事件名の表記について、リーダーからお返事を頂き辞書作成室に記載されています。このような積み上げを増やすために、今後とも検討を重ね、メンバーズページに適宜取り上げていただければという当方の期待は、充田さんの意図されることと重なるかと思います。(kaedeさんが多忙のご様子と伺ったので、彼女の名誉のために付記しますと、メンバーズページのヘルプについては、彼女が前回のプロジェクトで新メンバーの方にご紹介されていて、北もその恩恵を受けておりました。)
 
 Re:メンバーズページに既に記載されている事項 充田 2003/04/23 13:14:00
北さんやkaedeさんがメンバーズページの「仮訳文作成上の注意(判例)」をチャンと参照されていたのに、小生が独断と偏見で「我々モデレーター」などと一方的に放言してしまい、まことに申し訳なく深くお詫び申しあげます。何のことはない、小生だけが迂闊にも参照できずにいた次第で、大変お恥ずかしく思っております。ZZ 因みに、昨夜吉本先生とお話させて頂いた際、現在の「仮訳文作成上の注意(判例)」の掲示場所を、将来もっと目立つような場所に掲載してはどうか検討して頂くことになりましたので、お含みおき下されば幸せに存じます。そして、仰せのとおり、この仮訳文作成上の注意(判例)」の内容が、皆さんとのご協力により今後もっと充実して行けば良いと願っております。
 
 Re:メンバーズページに既に記載されている事項 2003/04/23 15:35:00
当方の前発言、言葉足らずにもかかわらず、充田さんからは丁重なご返答をいただきました。深謝しております。ご提案には、もとより大賛成です。