出版企画と出版社の出会いの場 出版持込ステーション

企画書リスト

出版社の方へ興味のある企画が見つかりましたら、
「P」で始まる「企画書No.」を bookstation@amelia.co.jpまでお知らせください。
事前に「 出版社の方へ」をお読みいただき、「利用規約」に同意のうえお申込みください。

テンプル騎士団の宝と僕の冒険
P01876 フランスの片田舎に住む僕はバカンスの間暇を持て余していた。しかし、ある日ひょんなことから歴史上最も有名な謎のひとつ、テンプル騎士団の秘宝を目にしてしまう。また同時期に、僕は奇妙な人を目撃する。この謎の人物と秘宝に関係はあるのだろうか?僕はガールフレンドの助けをかりて、独自の調査に乗り出した!果たして僕は謎を解決出来るのか?魅力的な登場人物たち、ハラハラの止まらないあらすじ。一度読み始めたら、ページを繰る手を止めることはもう出来ない!今話題のフランス人作家の書いた少年冒険小説第一弾!子供はもちろん、大人も楽しめること間違いなし!子供へのプレゼントとしても最適な一冊。
フランス語
P.128
2019年
試訳あり
英国の著名劇作家による本格派冒険小説。魔法と兄妹の物語。
P01883 禁じられた本を持ち出そうとする父親を手伝ったのが、兄妹の危険な冒険の始まりだった。父親は投獄され、兄妹は、その本を手に入れようとしている者たちから逃亡することになる。二人は追手から逃れながら、その本の秘密を知り、その本の失われたページを探し始める。その本を手に入れようとしているのは、最近軍事力で政権を掌握した残酷な独裁者である。彼の目的を知った二人は、その本が独裁者の手に渡らないように全力を尽くす。もしもその本を手に入れれば、独裁者は永遠に国を統治する力を得てしまう。演劇、映像の世界の第一人者である著者の、深い教養に裏打ちされた本格的で質の高い小説を、ぜひ日本の子供たちに!
英語
P.384
2021年
試訳あり
普通の少年が環境問題に取り組む姿をユーモラスに描いた物語
P01891 主人公は、イギリスの郊外に住む、どこにでもいるあたりまえの13歳の少年。そんな彼の生活が、夏休み直前に一変する。姉さんが環境活動家グループに加わったことがきっかけだった。少年も興味本位でデモに加わるが、気づけばグループの少女といっしょに、デモの中心になっていた。普通の少年が、ひょんなことから気候変動問題を巡って非日常的でエキサイティングな体験をし、地球のために小さいながらも確かな変化を起こすまでをユーモラスに描いた物語。カーネギー賞ノミネート作品。
英語
P.352
2021年
試訳あり
事件発生!秘密の大金を手にした子どもたち!お金の使い道は?
P01905 7歳の少女と少年が、パトカーに追われる車から投げ捨てられた古いカバンを拾います。警察に届けますが、古いカバンなら持っていても良いと言われます。そこで中を開けてみると大金が入っていました。母子家庭の少女は母親がお金に困っている事を知ります。また、世の中にはお金が必要な人が沢山いる事がわかって、二人はお金を人助けのために使うことにします。外国人、貧困、身体障害者や同性愛者、差別と偏見の社会を作者は子どもの目を通して鋭く風刺しています。そんな少女も母親の恋人を毛嫌いしていて、自分が人に偏見を持っていた事に気付きます。子どもたちの冒険と、少女の心の動きも読みどころです。全文試訳あり。
アイスランド語
P.125
1995年
試訳あり
少年と犬の旅を通して家族を見つめ直す物語
P01910 主人公は10歳の少年。家を建てるために、両親はいつも遅くまで働いていて、家族揃ってゆっくり過ごす時間もない。彼は小さかった頃、家族が仲良く一緒にいたことを思い出して悲しんでいた。少年は一生懸命働いて稼いだ金で犬を買うが、お父さんに大反対されて、犬を連れて家出をし、おじいちゃんのいる北部の町へ行こうとする。長距離バスに乗るが、運賃が足りず途中の町で降りて自転車で目的地へ向かおうとするがたどり着けない。大切なのは家なのか、そこに住む家族なのか、それに気付かせてくれる子どもの大冒険が始まる。第一回アイスランド児童図書賞受賞、映画化作品。全文試訳あり。
アイスランド語
P.120
1986年
試訳あり
消えた友を捜して未知の世界へ!不思議な世界の物語
P01915 両親を亡くし、一人で暮らしていた少年は、家とその周辺だけの狭い世界を出たことがありませんでした。ある日「子ども」に出会って、友達になります。楽しい毎日を過ごしていましたが、突然その子どもが消えてしまいます。危険な森に入らぬよう賢者に忠告されますが、少年は子どもを捜しに小さな相棒と共に旅に出ます。森の中で様々な生きものに出会い、何度も危険に遭遇しますが、少年は子どもを見つけることを諦めませんでした。しかし、旅の途中で相棒が死んでしまいます。勇気を出して、希望を持って、友情を信じた旅の結末は?本当の友達とは?人気四部作の第一作。レイキャヴィーク児童図書賞受賞、劇化作品。全文試訳あり。
アイスランド語
P.117
1998年
試訳あり
少年四人のひと夏の友情物
P01923 アイスランド児童図書賞受賞、映画化作品。レイキャヴィークの小さな区域を舞台に繰り広げられる四人の少年たちの冒険談を大人になった主人公が回想する。四人は正義の味方の騎士団を結成して、いじめっ子をやっつける。しかし、喧嘩をして一人が仲間から抜ける。次に騎士団は、火事で家を失った老女のためにお金を集めて家を建てる。仲間を抜けた少年は、なぜ友達がいなくなったのか、なぜ元に戻れないのか分からずに悩む。孤独な不良少年と一人暮らしの老女や、それぞれ家庭環境の違う子どもたちの心の動きが巧みに描かれている。友情と団結に拍手喝采する一方で、悲しい結末に胸が締め付けられる感動作。全文試訳あり。
アイスランド語
P.142
1992年
試訳あり
被害者、加害者、傍観者の証言から校内暴力の真相を暴き出す!
P01932 「名探偵」と名乗る父さんのせいで、気苦労の絶えない主人公。探偵事務所を構えたものの、依頼は猫探しばかり。そんなある日、事件の依頼が舞い込んできた。内容は、依頼人の妹が大事にしていた「幸運のカギ」の探してほしいというものだった。だが、本格的な調査を始めようとした矢先、その妹が学校の屋上から転落死したという知らせが届く。事故死なのか、それとも自殺なのか。被害者、加害者、傍観者の証言をもとに校内暴力の真相究明に乗り出す。私たちの身近にひとりぐらいはいそうな平凡な主人公を通じて、スクールカースト、いじめ、自殺など、痛ましい出来事が起きている学校社会の断面に触れている韓国の児童文学作品。
韓国語
P.296
2012年
試訳あり
薬物疑惑に沈んだ野球部を救いたい。病気の少年大奮闘!
P01937 野球を愛する街が、高校野球部ドーピング疑惑で野球を憎む街に。そこへ越して来たのは、野球をこよなく愛する少年だ。心臓病で選手にはなれないが、持ち前のポジティブさと豊富な知識で、少年は、生き場を失った中学野球部に働きかけ、活動を再開させる。様々な困難にもめげず少年は、部を盛り立て続けた。やがて部員や街の大人達の意識に変化が……。何事にも諦めず、真摯に前進する少年の振る舞いや言葉に、野球に携わる者はもちろん、スポーツファンならずとも力をもらえる一冊。★原書あり★
英語
P.304
2016年
試訳あり
終戦=平和なのか、立ち止まって考えたくなる児童向けSF
P01967 本書は、未来の地球で長く続いていた戦争を主人公が終わらせるまでを描いたSFです。 主人公は、対立する2つの集団の中間的存在で、どちらの集団とも交流を深めながら自分は何者なのかと悩み、なんとか双方の間を取り持とうとします。主人公をめぐるなぞや、敵どうしのだまし合いに引きこまれて最後まで読み進むと、戦争が終わっても平和や幸せがすぐにはやってこない意外な結末が待っています。読み終えた読者は、相手に勝つだけでは平和は手に入らないと気づかされ、考えさせられるでしょう。設定はSFですが、今の世界にも通じるものがあると思います。
英語
P.294
2021年
試訳あり
戦争が帰ってきたら
P01980 第1次世界大戦後のウェールズで、主人公の11歳の少女は、戦争の記憶と闘う2人の若い帰還兵と出会う:従兄は戦争を思い出して苦しみ、偶然友達になったもう一人は自分が誰なのかすら思い出せない。少女は工夫をこらし、自分にできる方法で友達の記憶が回復するよう手助けをする。並行して学校では、同い年の従妹に半ば巻き込まれながらも、横暴な校長に立ち向かい、児童ストライキで無料給食を勝ち取ろうと奮闘が始まる。友達の失われた記憶をひとつずつ取り戻し、ストライキ中に学校で起こる問題を解決していくうちに、少女は驚くような真実にたどり着く。友情と献身がもたらす回復を鮮やかに描いた歴史小説。
英語
P.320
2022年
試訳あり