アメリア公式ブログ

翻訳者ネットワーク「アメリア」が、
最新情報やアメリア会員の方の
翻訳実績を綴ります♪

桜も先日の雨風でずいぶん散ってしまいましたが、これからは新緑🌳の季節ですね。楽しみです😊

さて本日はアメリア会員の檜垣裕美さんが翻訳をお手掛けになられた絵本をご紹介いたします。
本書はアメリアの「スペシャルコンテスト」をきっかけにご縁となられた作品です。

植物が彩る切り絵・しかけ図鑑
 
檜垣さんからコメントをいただきました。
3年前にアメリアのスペシャルコンテストを通して、こちらの本と同じシリーズの『海洋を冒険する切り絵・しかけ図鑑』の翻訳者に採用されました。その節はありがとうございました。その後『天空を旅する切り絵・しかけ図鑑』を翻訳する機会をいただき、ありがたいことに今回で同シリーズの翻訳は3冊目となります。
昨年秋にはこちらの図鑑の切り絵作家ドゥルヴェールさんが来日されてワークショップや講演会なども行われ、個人的に思い入れのある本となりました。子どもにも大人にも楽しんでいただける本だと思いますので、書店や図書館で見かけられましたらお手に取っていただけるとうれしいです。
 
同シリーズ3冊目の翻訳、おめでとうございます✨
『海洋を冒険する切り絵・しかけ図鑑』および『天空を旅する切り絵・しかけ図鑑』につきましては、下記の記事にてご紹介しておりますので、ぜひご覧になってください。
 
 
版元である化学同人さんのHPでは動画で本書の内容が紹介されています。
まるで自分でページをめくっているかのように読者目線で紹介されていますので、ぜひご覧になってみてください。
 
檜垣さん、今後のご活躍も楽しみにしております。
アメリア事務局 河原🐕🐾
 

今回は、北陸ご当地グルメに関するPR文の英訳に挑戦❗ 
現在開催中の北陸ご当地グルメ翻訳コンテストでは、5月1日(水)まで訳文をご応募いただけます🍴

 

今回のコンテストでは、「翻訳参加人数」×100円が「日本赤十字社―被災地全域への寄付」に寄付されますので、「令和6年能登半島地震」の復興も支援できます。

 

どなたでもご参加いただけますので、アメリア会員以外の方は、はじめに★コンテストページ★「コンテスト会員に登録する」から無料コンテスト会員にご登録ください。

 

課題文(下記の日本語を英語に翻訳してください。):
北陸は海の幸にも山の幸にも恵まれる味覚の宝庫です。石川の「金沢おでん」は、バイ貝や魚のすり身など、金沢ならではの具材を使ったご当地グルメ。富山の「ぶりしゃぶ」は、富山湾で獲れる新鮮なぶりの刺身を昆布だしにくぐらせていただく贅沢な味。「カニの王様」として知られる福井の越前ガニは、福井の漁港に水揚げされた最高品質の雄のズワイガニ。新幹線が開通して身近になった北陸に、絶品グルメを満喫しに出かけよう!

 

今後のスケジュール:
訳文応募期間:2024年4月11日(木)~5月1日(水)
レーティング審査期間:2024年5月2日(木)~5月22日(水)
結果発表:2024年5月29日(水)

 

コンテスト会員になるメリット:
(1)コンテストに参加できます。

(2)コンテストの期間中、会員専用の翻訳情報メルマガ【Biz-Amelia】が配信されます。

翻訳情報メルマガとは?
月平均40件の新着求人をはじめ、アメリアWebサイトの更新情報をいち早くお知らせします。翻訳の現場で集めたスタッフならではの耳より情報なども掲載。サンプルは★こちら★

(3)コンテスト会員から正規にご入会いただくと、通常の5,500円(税込)の入会金が0円

 

➡「北陸ご当地グルメ翻訳コンテスト

 

皆さまの訳文を楽しみにお待ちしております🍢🐟🦀

アメリア事務局 並木

このところ東京は雨が続いておりましたので、久しぶりの晴天、嬉しいです。😊

さて本日はアメリア会員の大岩剛さんが吹替翻訳を担当された作品をご紹介いたします。
全10話を担当されました。

「スター・トレック:ディスカバリー シーズン5」

4月4日よりWOWOWオンデマンドで配信中です。
詳細はこちら👇をご覧ください。

★WOWOW 詳細サイト★

こちらでも詳しいご紹介があります。
★WOWOW ニュース★

ぜひお楽しみください❗

アメリア事務局 河原🐕🐾

今日の東京は強風&強い雨。桜🌸が一気に散ってしまいそうです。😢

さて本日はアメリア会員の出水麻野さんが翻訳をお手掛けになられたこちらの作品をご紹介いたします。

走れ、ロヒンギャよ、走れ
 
本書はマレーシアでロヒンギャ難民活動家として活動する著者による生の証言である。著者は生後まもなくミャンマーからバングラデシュへ逃れ、難民キャンプで少年から青年へと成長する。ある日、人身売買にあい、命がけの過酷な航海を経てタイの海岸にたどり着く。数回にわたる人身売買を経て到着したマレーシアで待っていたのは、差別や搾取と隣り合わせの日々だった。厳しい生活の中でも奮闘する著者であったが、マレーシアのナジブ元首相とセルフィーを撮ったことをきっかけに『首相とのセルフィー』というドキュメンタリー映画の主役に抜擢される。(アマゾンより)
 
著者がこれまでどんな人生を歩んできたのだろうと想像するだけで胸が痛みます。
本書をきっかけにあらためてロヒンギャ問題や広く民族問題、そして「生きる」とはどういうことか、ということを深く考えさせられそうです。
 
出水さん、このたびはお知らせいただきありがとうございました。
今後さらなるご活躍をお祈りしております。
 
アメリア事務局 河原🐕🐾

『食人族』

2024-04-05

本日はもう一作品ご紹介いたします❗

アメリア会員の川岸史さんが吹替翻訳された作品です🎊

 

『食人族』
詳細情報は★こちら★よりご確認ください。
 
【ストーリー】
男女4人のアメリカ人ドキュメンタリー撮影隊がグリーン・インフェルノ と呼ばれる南米アマゾン奥地を探索中に消息を絶った。救助隊が結成され、現地に向かうが、未開のジャングルの奥地で食人族の村に辿りつき、無残にも白骨化した遺体を発見する。一体、その村で何が起こったのか?捜索隊が持ち帰った撮影済フィルムを現像し、上映すると、そこには想像を絶するおぞましき光景が記録されていた。
 
 
川岸さんは4kリマスター版の吹替翻訳を担当されたそうです。
お知らせいただきありがとうございました❗
これからのご活躍も応援しております🌞
 
アメリア事務局 並木

続きまして、本日はもう一作品ご紹介いたします。アメリア会員の島田明美さんが翻訳されました。

キングと兄ちゃんのトンボ
 
~あらすじ(Amazonより)~
全米図書賞受賞作!
突然死した兄への思い、ゲイだと告白したクラスメイトの失踪、マイノリティへの差別、友情と恋心のはざま、そして家族の愛情……。アイデンティティを探し求める黒人少年の気づきと成長から、弱さと向き合い、自分を偽らずに生きることの大切さを知る物語。
 
島田さんのコメントはこちらです↓
 
「書店で見つけて、苦手なシノプシスからスタートした本です。以来、キング少年とは毎日の生活を一緒に過ごしました。最初は地味かと思った作品でしたが、じわじわと面白さが増してきました。一人でも多くの方に手にとっていただけたらと思っています」
 
※シノプシスとは、原書を読んで作品の概要やあらすじ、評価などをレジュメ(シノプシス)としてまとめることです。
 
「自分とは何か」は、苦しいですがもがき悩みながら生きることでしか見えてこないのかもしれません。キング少年と一緒に葛藤することで何か気付きが得られる作品ですね。
 
島田さん、お知らせいただきありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
アメリア事務局 相澤
 

このところ東京は雨続き。桜の開花も足踏みでしょうか。

さて本日はアメリア会員のこだまともこさん辻村万実さんが共訳✨されたこちらの作品をご紹介いたします。

闇に願いを
 
辻村さんからコメントをお寄せいただきました。
本書は、フェロー・アカデミーの「出版社×受講生紹介サポート」をきっかけに、共訳での出版が実現しました。2021年のニューベリー賞候補作品で、小学校高学年ぐらいから読めるファンタジーです。魅力あふれるキャラクター、スリル満点のストーリー展開、アクションシーンもありと、エンターテイメント性が高く読みやすいですが、テーマはなかなか硬派で、「法と正義の違い」「自分の頭で考えること」「一人一人の善良な心が持つ力」「社会構造がもたらす不正や差別に声をあげる勇気」など、いろいろなことを考えさせられます。作者がタイ系アメリカ人で、物語の舞台は架空の世界ですが、そこかしこにタイの雰囲気を感じられるところも魅力のひとつです。
 
ファンタジー作品ではありますが、テーマはなかなか硬派とのこと。興味深いです。
版元の静山社さんのサイトでも詳しいご紹介があります。
ぜひご覧になってみてください。→★HP★
 
アメリア事務局 河原🐕🐾

「定例トライアル」では現在<映像(吹替)><実務(ビジネス)>の応募を受付中です。締切は4月22日18時!ご入会当日から応募できます。

「定例トライアル」とは?
・「実際の仕事で通用するレベルかどうか」が審査基準の翻訳の模擬試験
・審査員は第一線で活躍するプロの翻訳家や翻訳会社
・訳例と講評は締切の約2か月後に公開(添削はございません)。
・AA~Eまでの6段階の総合評価と項目別のレベルチェックに5段階の評価が付く。

→総合評価で訳文の全体的な実力と、項目別のレベルチェックでご自身の強みと弱みが分かります!

→総合評価B以上を安定して取れるようになってくると、実際のトライアルの合格率も上がってきた証拠です。求人応募前の腕試しにどうぞ!

総合評価基準(一部抜粋)
AA すぐにお仕事で通用する実力があるという審査員のお墨付きです。
  ★クラウン会員資格取得!

A チェッカーの監修がつけば、仕事として通用する可能性大です。
  ★同一分野で12カ月以内に2回A以上を取得するとクラウン会員資格取得!

B 仕事をするレベルにはもうひと息。

C 勘違いによる誤訳やケアレスミスが目立ちます。

D 原文読解で誤っている部分などが多く見られます。

E 原文読解力が不足していたり分野ごとの基本ルールが守られていないようです。

<映像(吹替)>のレベルチェック項目
原文の理解度 / 日本語表現 / 映像ルールの知識・習得度

<実務(ビジネス)>のレベルチェック項目
原文の理解度 / 日本語表現 / 用字・用語 / 専門知識・調査力

課題と訳例・講評のサンプルはこちら!

※アメリア会員の方はログイン後「スキルアップ」>「定例トライアル」から過去の課題と訳例・講評をすべて無料でご覧いただけます。

目指そう!「クラウン会員」
「クラウン会員」は「実際の仕事で通用するレベル」とみなされるアメリア内の資格です。アメリアの求人では応募条件の必須スキルに「翻訳の実務経験」とある場合、対応する「クラウン会員」資格も併記しています。つまり実務経験か「クラウン会員」資格のいずれかがあれば応募が可能です。「クラウン会員」になるとその分野で実務未経験でも経験者対象の求人に応募できるようになるので、お仕事への可能性がさらに広がります。

「クラウン会員」資格の獲得方法
①「定例トライアル」で総合評価AAを1回取得
②「定例トライアル」の同分野で12か月以内に総合評価Aを2回取得
③「翻訳トライアスロン」で96点以上を取得
※「翻訳トライアスロン」についてはこちらをご覧ください。
 2024年度の開催概要は、2024年5月下旬頃に発表予定です。

アメリア事務局 相澤

雨模様の桜も美しいですよね。日に日に華やかになる桜並木にウキウキします🌸
 
さて、本日はアメリア会員の齋藤慎子さんの訳書をご紹介いたします😊
 
 
 
「儀式」で職場が変わる――働き方をデザインするちょっとヘンな50のアイデア
 
 
コメントをいただきました❗
 

「儀式」に光を当てた本(『RITUAL: 人類を幸福に導く「最古の科学」 』)が先月のブログでも紹介されていましたが、では、日常に、特に仕事の場に、具体的にどう「儀式」を取り入れていけばいいのか。その50のアイデアをイラスト入りでわかりやすく紹介した本です。

⚫︎クリエイティビティやイノベーションを引き出す儀式
⚫︎パフォーマンスの向上やフローにつながる儀式
⚫︎対立の解消やレジリエンスの向上につながる儀式
⚫︎コミュニティやチームづくりにつながる儀式
⚫︎組織の変革期や転換期に適応を促す儀式

この5テーマで各10種類ずつ儀式アイデアが掲載されています。

組織がメインですが、やる気や集中力アップにつながる儀式など、ひとり作業の翻訳者にもすぐに使えるアイデアもあります。

ちなみに、本書で紹介されている「組織の結婚式」は、版元さんも早速実践され、話題になったそうです。(⭐コチラ⭐からご覧いただけます。)

興味深いテーマですね。
確かに「儀式」があると気持ちや行動に一区切りつけられますし、何か新しい要素を取りこんでリフレッシュすることもできそうです😊 一人でも組織でも活用できる「儀式」。どのような「儀式」があるのか気になりますね😆
 
齋藤さん、お知らせいただきありがとうございました。
今後のご活躍もとても楽しみにしております✨
 
 
事務局 入江
 

今週は雨模様が多くなるようですね🌂

本日は、アメリア会員の岡本由香子さんが翻訳された作品をご紹介いたします😊

森の鹿と暮らした男

岡本さんよりご紹介いただきました🌸

フランスの森で、家も寝袋もなく、木の葉や実を食べて、鹿とともに生きた男性の7年間の記録。環境問題や動物の行動学、サバイバルについての記述が多いのですが、教科書的な硬さはなく、むしろ寓話的な、もののけ姫の世界をのぞいているような、不思議な読書体験ができます。著者自身が人のようで、人でないような稀有な存在なので、過去にも未来にも類書はないだろうと思いながら訳しました。動物ものや紀行文学好きにはおすすめです。

 

著者のジョフロワ・ドローム氏は、19歳の時から7年間、北フランスにあるボールの森で鹿と共に暮らし、その体験を本書に記されたそうです。鹿と心を通わせているご様子の表紙写真から、自分の想像力なんて及ばないような暮らしが人間にもできるのかもしれない…と敬虔な気持ちになりました。


岡本さん、お知らせいただき誠にありがとうございます❗
これからのご活躍もとても楽しみにしております😊

アメリア事務局 並木

お花見を楽しめる季節になってきましたね🌸
少しづつ暖かくなってきたからか我が家のワンコもお散歩が楽しそうです🐾

 

本日はアメリア会員の田沢優季さんが字幕翻訳を手がけられた作品をご紹介いたします。
本日発売です❗

 

発売元:竹書房
©Idea Picture Company Limited

 

田沢さんからコメントをいただきました。

 

ドキドキ、ハラハラの“仮面カップル”ショートドラマ・ラブ史劇!
変貌術の使い手であるヒロインが公主に成り済まして、監視対象の男性に嫁ぐも、幾度も正体がバレそうに…。そのうえ2人にはある因縁があった。純愛、陰謀、復讐…果たして2人は数々の困難を乗り越えられるのか!?

フレッシュな顔ぶれのキャスト陣は今をときめく若手女優ワン・ルーチン(王路晴)×イケメン新人チウ・ディンジェ(邱鼎傑)♡個性が光るフー・ユーシュー(付妤舒)、リウ・ボーシュー(劉泊栩)にもご注目くださいね♪

 

「他人の顔に成りすませる」とは、ちょっと怖い気もしつつ楽しそうですね😊

詳細はコチラからもご覧いただけます。

 

田沢さん、お知らせいただきありがとうございます。
今後のご活躍もとても楽しみにしております✨

 

事務局 入江

日中は軽めのアウターで出かけられるようになり、嬉しいです!

さて、本日はアメリア会員の加藤輝美さんが翻訳された一冊をご紹介いたします。

回復人 体中の細胞が疲れにつよくなる
 
~内容紹介(Amazonより)~
頭皮から湯気のように出る「疲れ」に。脳フレッシュ、体中のスタミナアップ!無尽蔵の体力が手に入る。

「昨日食べたものが、細胞1つひとつに、こうも影響する!」

あなたの細胞は、疲れているとき「冬眠」していた。全身を構成する細胞内にあるエネルギー生成器官「ミトコンドリア」の出力を上げ、体中の細胞を強くするには?

加藤さんのコメントもご紹介いたします↓

「細胞内でエネルギーを生み出すミトコンドリアをととのえて元気になろう!という、誰にでも気軽にチャレンジできる疲労回復のアイディアあふれる本です。なんとなくずーっと疲れている……という方におすすめ」

日常的に疲労感が抜けない方もきっと多いのではないでしょうか。ゆっくり心と体を休められればよいのですが、なかなかそんな余裕がないこともありますよね。細胞レベルでの疲労回復、気になります!
 
加藤さん、お知らせいただきありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
アメリア事務局 相澤

本日は情報誌『Amelia』3月号のアンケート結果を一部公開いたします。
3月号の内容(目次)はコチラよりご参照ください。

動画配信サービスって沢山ありますよね。
私もいくつか契約していますが、「あっちもいいかも」と目移りしてしまいます。
各国の作品が次から次に配信され「翻訳者さんはどんなスケジュールでお仕事されているんだろう…」と常々疑問に思っておりました。

3月号では、そんな動画配信の舞台裏を探るべく、配信系の映像翻訳に関わる方々に話を聞きました。

 

動画配信系の翻訳ニーズの変化は?
配信系の需要の今後の見通しは?
配信系の案件はどのようなジャンルが多いですか?
どのような翻訳者に依頼していますか?
翻訳者は足りていますか?
配信系以外の映像翻訳と比べて、何か特徴はありますか?
翻訳料は他と比べて違いはありますか?
複数の翻訳者で分担して訳す際の注意点は?
どのような翻訳者がこの分野に向いていますか?
この分野の翻訳者を目指す人に向けてのアドバイス

 

など、沢山の質問に回答いただき、配信系の映像翻訳の「今」をお伝えいたしました。
取材に協力くださった皆さん、本当にありがとうございました😊

会員さんからはこのような声をいただきました。

⭐配信サービスの翻訳について、企業と翻訳者双方の具体的な情報を知ることができて大変有益でした。
⭐映像翻訳や動画サービスの翻訳などは全く知らない分野でしたが、今回特集していただいて、わずかなりとも知れてよかったです。前世界同時配信の作品では短納期で、仮素材から翻訳を始めるなど、仕事は増えて期待の分野ではあるけれど、そのぶん大変なことも多い分野だと感じました。
⭐映像翻訳の世界は踏み込んだことがなく、これを読んで詳しく知ることができた。長年この分野に携わっている方と、比較的最近この分野で仕事をするようになった方の両方からコメントを読めたのがよかった。
⭐時代は変化しているのですね。いかに自分が時代遅れのままストップしているか、アップデートの重要性を考えさせられました。

などなど…沢山のお声をいただきました。

動画配信エリアの翻訳にご興味ある方はぜひお読みくださいね❗

 

事務局 入江

現在応募できるスキルアップ課題はこちらです。すべてご入会当日から応募いただけます!

●定例トライアル <映像(吹替)><実務(ビジネス)>
4月22日(月)18時締切

「実際の仕事で通用するレベル」が審査基準の翻訳模擬試験です。翻訳スキルのレベルチェックや求人応募前の腕試しに。全部で10分野あり、毎月1~3分野からアメリアが独自に開催しています。

●翻訳お料理番
4月22日(月)18時締切

海外文化や時事問題など約200ワードの英日翻訳演習。まだ仕事レベルではないけれど、様々な文書を訳して実力をつけたい方におすすめです。

●ひとこと翻訳大賞
4月26日(金)11時締切

バラエティに富んだ英文を翻訳し、応募してみましょう!ひとこと翻訳大賞選定委員会が選出した優秀作品は情報誌にて発表します。

●一行翻訳

短い英⇔日の課題を翻訳して投稿できます。「ラブレター【英→日】」など身近な題材で、ほかの方の投稿訳文を見るのも楽しいコンテンツです。後日、訳例も公開されます。

●ミニテスト

翻訳にも役立つ雑学やミニ知識をチェックできる選択式のテストです。「吹替台本 作成のルール 初級編」 「日本語ブラッシュアップ~その誤用に御用!~」「TOEIC(R)Listening & Reading Testに挑戦!」などテーマは様々!

アメリア事務局 相澤

3月26日に発送いたしました情報誌『Amelia』2024年4月号は、下記のラインナップです🙂

(2024年の表紙は、「Progress」をテーマにお届けします!
4月号の表紙は『桜』です。)

【特集】詳しく知りたい! 具体的に何をする? ポストエディットの仕事 チェックの仕事
【連載】翻訳校閲者のゲラの上「文字のミス——単純だが怖い間違い」
【連載】日本語にしにくい英語 「お父さんは変人じゃないよ!」
【連載】アメリア流 書評サロン 本の素顔
    『マッカーサー 20 世紀アメリカ最高の軍司令官なのか』(ウォルシュ あゆみさん)
【連載】アメリアご利用企業インタビュー「株式会社メディア総合研究所」
【応募】翻訳お料理番「Dragon」
【応募】定例トライアル<映像(吹替)><実務(ビジネス)>
【別刷】定例トライアル 2024年1月号<出版(フィクション)><日英ビジネス>
【連載】Voice-アメリアを活用してお仕事に結びつきました!(メイオール 由季さん)
【連載】アメリア会員アンケート みんなどうしてる?「スケジュール管理の方法は?」
【Amelia Square】アメリア会員の翻訳作品・編集後記

アメリアWebサイトよりPDF版もダウンロードいただけます。
※毎月26日(土日休日にあたる場合は翌営業日)11時に最新号に差し変わります。
※個別にご希望をお寄せいただいた方を除き、海外会員の皆さまにはPDF版をご案内しております。

PDF版 情報誌『Amelia』最新号

東京は冷たい雨。2月より3月のほうが寒いです。😅
 
さて本日はアメリア会員の村山美雪さんが翻訳をお手掛けになられた作品を2点、ご紹介したいと思います。
『ブリジャートン家短編集1レディ・ホイッスルダウンの贈り物』『ブリジャートン家短編集2レディ・ホイッスルダウンからの招待状』
 
ブリジャートン家短編集1 レディ・ホイッスルダウンの贈り物
 

レディ・ホイッスルダウンからの招待状
 
いずれもジュリア・クインと3人の人気作家がレデイ・ホイッスルダウンを通じて描く4つの物語🍀
今回翻訳もあらたに新装版として登場しました✨
旧版をお持ちの方もあらためてぜひお楽しみください。
 
詳細は竹書房さんのサイトでもご紹介しております。ぜひアクセスしてみください!
 
Netflixでは5月からシーズン3が配信されるそうです。
また「ブリジャートン家」が盛り上がりを見せそうですね!🙌
 
アメリア事務局
河原🐕🐾

続きまして、もう一作品ご紹介いたします。アメリア会員の廣瀬麻微さんが翻訳されました。

怪盗ギャンビット1 若き〝天才泥棒〟たち
 
~あらすじ(Amazonより)~
ハリウッドで映画化決定!世界が注目する超・話題の怪盗サスペンス小説

ロザリンは、伝説的な怪盗一家のひとり娘で、類まれな盗みの才能をもつ少女。だが彼女は、稼業から足を洗い「ふつうの人生」を送ることを夢見て、ひそかに家出する計画を立てていた。そんなある日、ロザリンのミスで母親が捕まり、10億ドルの身代金を要求されてしまう。途方にくれるロザリンのもとに、〈怪盗ギャンビット〉への招待状が届く。それは、世界中から選ばれた新進気鋭の泥棒たちが盗みの技を競い合う、違法で危険なコンテストだった。ロザリンは母を救うために、命がけの闘いに身を投じる決意をする――!!

「怪盗一家」「世界中の泥棒たちによる危険なコンテスト」……ワクワクするフレーズばかりですね!映画化も決まっているとのことで、注目度大の作品です。ぜひお手に取ってみてくださいね。

 
廣瀬さん、お知らせいただきありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
アメリア事務局 相澤
 
 

強風のおかげか、すっきりと晴れた朝です。

さて、本日はアメリア会員の田中恵理香さんが翻訳された一冊をご紹介いたします。

RITUAL(リチュアル): 人類を幸福に導く「最古の科学」
 
田中さんからのコメントもご紹介いたします↓
 
ギリシャ出身の人類学者が儀式の歴史や意義、効果について考察した作品です。誕生日や卒業式など人生の節目を祝う儀式はもちろん、宗教上の儀式や社会の慣習など、私たちの生活に儀式は欠かせません。なかにはギリシャやスペインで行われている火渡りの祭りなど、苦痛や危険を伴う儀式もあります。なぜ人類は儀式をするのか、ときに苦痛を感じてまで行う儀式にいったいどんな効能があるのか。著者は科学的なエビデンスに基づいて論理的に考察していきます。フレーザーらに始まる人類学の歴史のほか、古代人類史や考古学、現代の認知心理学、最新のテクノロジーを駆使した医学的分析まで、儀式を切り口に人類学のさまざまな側面にふれられる1冊です。
 
テレビで見るような「いかにも」な儀式はさすがに身近ではありませんが、確かに卒業式などのイベントも儀式のひとつですね。いろいろな観点から儀式を分析しており、とても興味深いです!
 
田中さん、お知らせいただきありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
アメリア事務局 相澤
 

春の陽気から一転、冬に逆戻りですね😨

本日は、アメリア会員の串山大さんが翻訳された作品をご紹介いたします😊
子ども達に大人気の角川まんが科学シリーズの最新作です。

角川まんが科学シリーズ どっちが強い!?W オオメジロザメの襲撃
 
串山さんよりご紹介いただきました✨
3月13日に発売された『どっちが強い!? W(ワイルド) オオメジロザメの襲撃』の翻訳を担当いたしました。新シリーズの第1弾です。『どっちが強い!?』主人公ジェイクの父親で冒険家のディグスと、その幼なじみで同1stシーズンでは過激な動物保護を目論むマッドサイエンティストとして闇落ちしていたチャールズ博士の、まだ純真な少年時代の物語。能力も性格も正反対のふたりがいがみ合いながらも協力し、危険に満ちた大自然をサバイバルする“バディ物”です。環境問題への取り組み、過酷な状況を生きぬくサバイバル技術、その環境に特有な生き物の生態など、ストーリーを楽しみながら自然と学べます。各話末尾の解説ページも充実。原書を制作しているのはマレーシアの漫画スタジオです。
公式サイト:https://mangagakushu.kadokawa.co.jp/kagakuw/point.html

 

串山さん、お知らせありがとうございます🍒 新シリーズも楽しみにしております❗
全国のどっちが強い!?ファンの皆さん、これからも作品世界を楽しみ尽くしていきましょう😆

アメリア事務局 並木

明日は春分の日。桜の便りもそろそろでしょうか?

さて本日はアメリア会員の山路琢也さんが翻訳をお手掛けになられたこちらの作品をご紹介いたします。
タイトルは『不屈の魂 アフリカとサッカー』東洋館出版社さんから本日3月19日に発売🎉となりました!

不屈の魂 アフリカとサッカー
 
本書は「スペシャルコンテスト」を通じて誕生しました!
「スペシャルコンテスト」とはアメリアで不定期に開催している翻訳コンテストで、求人情報にトライアル課題も公開した募集形態です。
ご応募の際、原書の一部を試訳して提出いただきます。
過去の開催実績は★こちら★。←沢山の翻訳書が「スペシャルコンテスト」を通じて誕生しています!
 
さてそんな「スペシャルコンテスト」にて見事採用✨となられたのが山路琢也さん。
本書の翻訳を担当いただきました。スペイン語からの翻訳です。
 
スペイン・バルセロナ出身で赤道ギニア代表の経歴を持つサッカージャーナリストが、あまりにも影が薄くなりがちなアフリカ大陸に焦点を当てる。アフリカにおいて人々が結束するためにはなくてはならないのが、サッカーであるからだ。後世に語り継がれるべきアフリカサッカー14の物語から、大地の誇りと不屈の魂を表現する。(Amazonより)
 
本書をきっかけにアフリカサッカー⚽への注目がさらに高まればと思います。
 
山路さん、今後さらなるご活躍をお祈りしております。
 
アメリア事務局 河原🐕🐾