出版企画と出版社の出会いの場 出版持込ステーション

企画書リスト

出版社の方へ興味のある企画が見つかりましたら、
「P」で始まる「企画書No.」を bookstation@amelia.co.jpまでお知らせください。
事前に「 出版社の方へ」をお読みいただき、「利用規約」に同意のうえお申込みください。

映画化決定!自分と正反対の少年に出会い、彼は本心を知る
P01881 本心を抑え込む孤独な少年が、他の誰とも違う不思議な男子に出会い、心が解放されるまでを一人称で描いた作品です。自分に好意を抱き、それを素直に伝える男子に対してつれない言葉をかけ拒否し傷つけながらも、無意識に彼を守ろうとする矛盾した主人公の心情が繊細に描かれます。同性愛が一つのテーマではありますが、少年2人の出会いにより、トラウマを抱えた両親と主人公が心を通わせ始める様も丁寧に表現されます。作品内で描かれる友情、恋愛、家族愛は文化の違いは関係なく心に響き、主人公の生きづらさ、孤独、そして心が自由になるまでの心理描写と文体も日本人の感性に合い、翻訳された際に違和感なく入り込めるはずです。
英語
P.368
2018年
試訳あり
内戦を生き延びた少女の半生を描いたYA向けノンフィクション
P01929 今から約30年前に起きた内戦を一人の少女の視点から描いた本。著者の経験した数々のエピソードから、戦争がいかに普通の人々の暮らしを破壊し、社会を分断させ、若者の未来を奪うものかが生々しく伝わってくる。また、「一人の少女の視点」に立っているからこそ、戦時下において最も苛烈な形で現れる女性差別の問題についても考えさせられる。ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけとして「戦争と平和」について考える機会が格段に増えた今、大きな示唆に富む一冊。米国においてYA向けノンフィクション賞の最終選考作品にノミネートされた作品。
英語
P.370
2020年
試訳あり
シドニー青春白書〜MとMの場合〜
P01931 多民族国家オーストラリアで数々の文学賞受賞歴を誇るYA小説作家による同作品は、軽いタッチで高校生男女の恋愛を描きつつも、親の世代から続く人種差別やイスラム恐怖症問題など重いテーマを取り上げ、若い世代に訴える。日本人はとかく人種・民族差別に疎い面があるが、アフガニスタンでタリバン勢力が政権を奪ったことは記憶に新しい。そんな今、イスラム教徒当事者でもある著者のウィットに富んだストーリーは、日本の教育者や子どもたち、親世代の心に抵抗なく入り、イスラム教徒とイスラム主義の誤解やそれによる差別を解消させるきっかけになるだろう。また、オーストラリア同様、邦訳されれば学校推薦図書になる可能性が高い。
英語
P.354
2016年
試訳あり
家族の秘密を知り、心を砕かれた孤独な少女の、愛と再生の物語。
P01949 権威ある文学賞を受賞したヤングアダルト作品。禁断の扉を開いたがために自らの心の扉を閉ざすことになってしまったひとりの少女が、人の優しさ、家庭のぬくもり、無償の愛に触れたことで孤独から抜け出し、幸せに向かって歩き出すまでを繊細な筆致で描く。コロナ禍で、孤独や閉塞感と闘ったすべての人に読んでほしい、静かな希望の物語。
英語
P.249
2017年
試訳あり
いつも一緒だった仲良し3人組。その中の1人が行方不明になった。
P01953 同じ名前を持つ3人は親友、いつも一緒で楽しい高校生活を送っていた。1人が行方不明になるまでは。仲良し3人組の1人が書いた秘密の日記という形で書かれた小説。ごく普通の高校生の日常に登場する、教師と生徒の関係、異性との性行為、10代での妊娠、交際相手からの暴力、そして殺人、若い読者は何を思うだろうか。驚きのどんでん返しで、ラストに衝撃が隠されている。仲良し3人組はもういない。2021年 Ngaio Marsh Awards Nominee for Young Readers 最終候補になった作品
英語
P.288
2022年
試訳あり
孤独な主人公が同居することになった、謎の男の正体は?
P01966 主人公は、街の片隅でひっそり暮らすごみ収集作業員です。母を失くした後、他人や外の世界とのかかわりをほとんど持たない生活を、何年も続けていました。ところがある日、戦争避難民だという男を自宅に受け入れることになります。主人公はこれまでの生活ペースを乱され苛立つ一方で、どこか懐かしさも覚えます。特に驚かされたのは男が、主人公の母親の思い出につながる歌を知っていたことです。一体、この男は何者なのか…。その答えを得た時、主人公はようやく新たな一歩を踏み出すきっかけをつかみます。 コロナ禍も含め、さまざまな事情で社会や他者とのつながりを見失い、孤独感を深める人も多い今だからこそ、心に沁みる物語です。
ロシア語
P.126
2015年
試訳あり
芸術が戦争の中で果たす役割を体現した一人の芸術家について
P01976 戦争、圧政の中であっても、芸術の力が人々の胸を打つ。ある芸術家についてのノンフィクション。戦争の悲惨な描写や写真もありながら、芸術家の前向きでひたむきな人柄と、希望を持てる内容は感動的。YA向けに出版された内容でありながら、大人が読んでも慧眼される内容。時代背景、芸術的な専門知識についてもわかりやすく自然に解説されており、幅広い読者を想定。
英語
P.464
2015年
試訳あり