出版企画と出版社の出会いの場 出版持込ステーション

企画書リスト

出版社の方へ興味のある企画が見つかりましたら、
「P」で始まる「企画書No.」を bookstation@amelia.co.jpまでお知らせください。
事前に「 出版社の方へ」をお読みいただき、「利用規約」に同意のうえお申込みください。

不思議な幽霊の謎と少女の自分探しの冒険
P02021 主人公は、母さんと叔父さんと古い田舎の家に引っ越して来る。この家は何かに憑りつかれているような気がしてならない。大好きな叔父さんは、幽霊は現実の世界にはいないもので、怖がる存在ではないと教えてくれた。その叔父さんが病気で亡くなった。主人公の周囲で次々に不思議なことが起こり始め、幽霊を信じない母さんには内緒で原因を突き止めようとする。そして衝撃的な事実が明らかになっていく。幽霊の謎解きを追って結末に向かっていく、読者を飽きさせない構成のうまさが際立っており、主人公を取り巻く登場人物と爽やかなエンディングに作者の肯定的な人間観が現れている。
英語
P.192
2021年
試訳あり
人工妊娠中絶がアメリカで犯罪から権利になるまでの闘いの物語
P02026 アメリカでは20世紀に入っても、人工妊娠中絶がすべての州で基本的に禁止されていた。白人の裕福な妊婦は高額の中絶手術を隠れて受けたが、それ以外の妊婦は不衛生で低料金の業者を頼るか自力で中絶しようとして、大勢が命を落とした。シカゴではある女性グループが自ら技術を身につけ、低料金で中絶を請け負い始めたが、警察に知られて逮捕される。そのとき最高裁では、テキサス州の中絶禁止法をめぐるロー対ウェイド裁判が審理されていた。アメリカ史上おそらく最も有名な司法判断となるその判決は、多くの女性たちの運命を決めることになる。アメリカで女性たちが中絶権を勝ち取るまでのヤングアダルト向け物語風ノンフィクション。
英語
P.400
2020年
試訳あり
映画化!NYタイムズベストセラーの青春BL小説
P02031 本心を抑え込む孤独な少年が、他の誰とも違う不思議な男子に出会い、心が解放されるまでを一人称で描いたBL作品です。自分に好意を抱き、それを素直に伝える男子に対してつれない言葉をかけ拒否し傷つけながらも、無意識に彼を守ろうとする矛盾した主人公の心情が繊細に描かれます。同性愛が一つのテーマではありますが、トラウマを抱えた両親と主人公が心を通わせ始める様も丁寧に表現されます。作品内で描かれる友情、恋愛、家族愛は文化の違いは関係なく心に響き、主人公の生きづらさ、孤独、そして心が自由になるまでの心理描写と文体も日本人の感性に合い、翻訳された際に違和感なく入り込めるはずです。 
英語
P.384
2014年
試訳あり
仲良し3人組の1人が行方不明になった。行方を知るのは私だけ。
P02047 同じ名前を持つ3人は親友、いつも一緒に楽しい高校生活を送っていた。1人が行方不明になるまでは。仲良し3人組の1人が書いた秘密の日記、という形で書かれた小説。ごく普通の高校生の日常に登場する、教師と生徒の肉体関係、異性との性行為、10代での妊娠、交際相手からの暴力、そして殺人。若い読者は何を思うだろうか。驚きのどんでん返しで、ラストに衝撃が隠されている。仲良し3人組はもういない。2021年 Ngaio Marsh Awards Nominee for Young Readers 最終候補になった作品。
英語
P.288
2022年
試訳あり
YAサスペンス×クィア・ラブストーリー
P02054 17歳の少女ふたりの逃避行を描くYAサスペンスであり、クィア・ラブストーリー。主人公は事故死を装って姿を消し、国外で新しい人生をはじめようと計画を立てる。偽造IDやお金も準備し、いざ実行しようとした矢先、いとこにその計画を知られてしまい、彼女もつれていくはめになる。計画の変更から想定外のトラブルが次々起こり、ついには人を殺してFBIに追われる身となる。そんななか、ふたりの少女は愛しあうようになる。スリリングなサスペンスに、少女たちの恋と解放、成長を織り交ぜた、読みごたえのある1作。
英語
P.336
2022年
試訳あり