アメリアはこんな方におすすめ

海外在住の方へ

  • 1

    海外から在宅の仕事を受注

    翻訳者ネットワーク「アメリア」には年間1,500件以上の翻訳に関する仕事情報が掲載されています。そのうち約7割は在宅での仕事です。受注から納品までメールでのやり取りだけで完結するケースが多いため、海外からも受注していただけます。アメリア会員は日本だけでなく、アジア、北米、ヨーロッパ、オセアニア、中南米、アフリカと世界中に居住しています。
    海外にお住いの方の中には、日本との時差を利用して、日本の業務終了後の時間帯に翻訳を進め始業時間までに納品することで、企業に頼りにされている例もあります。時差の有効活用は翻訳者としての強みになりますので、アピールしない手はありません。
    報酬は、アメリアを介さずに企業から直接支払われます。日本国内口座への振込み、海外送金、PayPal等さまざまな方法がありますので、契約時に発注元企業へ直接ご相談ください。

  • 2

    出版、映像翻訳の仕事も可能

    いつか出版翻訳にも挑戦したいけれど、編集者との打ち合わせは必要?海外から映像翻訳の仕事も受注できる?そんなご心配にもおよびません。昨今、必要な素材の受け渡しはインターネットで完結しますので、海外から出版、映像翻訳の仕事を受注している方もいます。現地ならではの文化や最新情報に精通していることは翻訳の仕事における強みです。
    一般的に、翻訳の需要の約8割は、ビジネスで発生するさまざまな文書を翻訳する実務翻訳(産業翻訳)といわれています。実務翻訳で安定した収入を確保しながら出版翻訳にも取り組むといったように複数のジャンルを手がける翻訳者もおり、ご自身のライフスタイルとご希望に合わせて翻訳分野を選択することができます。また、英語だけでなく第2、第3外国語も勉強し、翻訳できる言語ペアを増やすことで仕事の幅が広がる可能性もあります。例として、アメリアにはスウェーデン語やスペイン語の小説を翻訳する方や、ヒンディー語や韓国語で制作された映像作品を翻訳する方など、さまざまな会員がいます。

  • 3

    日本の翻訳業界の、最新情報へのアクセス

    翻訳業界の情報収集や求人応募に至るまで、アメリアのサービスは海外からでも問題なく利用できます。海外在住ならではのご不安―ほかの翻訳者との交流の場やスキルアップの機会がない。仕事の依頼がある会社の様子が分からない。日本語力に不安がある、等を感じることはありませんか?アメリアでは情報誌『Amelia』、アメリアWebサイト、メールマガジンを通じて、利用企業と会員の「生の声」をふんだんにお伝えしています。アメリアで実際にマッチングに至った企業と会員からのコメントや、アメリアが利用企業を訪問し取材した記事など、仕事獲得のヒントにつながる情報へいつでもアクセスが可能です。情報誌『Amelia』は当面の間オンライン(PDFなど)でのご提供となります。

\ 翻訳初心者でも、簡単5分でご応募できます! /

会員ログインはこちら