翻訳の仕事獲得とスキルアップを応援する有料の会員制サービス
翻訳者ネットワーク「アメリア」

  情報コラム
教えてダーリン ダンナさんはネイティブチェッカー ネイティブチェッカーと楽しく英訳! 翻訳アタマもデッドヒート♥2020年東京オリンピック


応募訳の中から抽選で2名様にダーリンの英語添削をプレゼント!
あなたの英訳にますます磨きをかけてください。

<課題文>

①2020年のオリンピック開催地が東京に決定
②東京での開催は1964年以来56年ぶり、2回目となる。
③世界中からアスリートや観客たちが集い、熱い戦いが繰り広げられる。
④持続可能な大都市のモデルとして、今後東京は大きな変化を迎えることになる。

<訳例>

①Tokyo has been chosen as the host for the 2020 Olympic Games.
②This will be the second Olympics held in Tokyo since the 1964 Summer Games, 56 years ago.
③Athletes and spectators from around the world will gather, and the intense competition will unfold.
④As a sustainable metropolitan model, Tokyo will face dramatic changes going forward.



優秀訳次の課題 全7ページ

「決定」はdecided? 文脈に合わせた動詞選びをしよう(第1文)

ダーリン、ここのところずいぶん寒くなってきたね。猫が一晩中お布団の中で寝てくれるようになったよ♡
だいぶ冬めいてきましたね。コンビニのおでんがアグレッシブに語りかけてくる季節です。
アグレッシブなおでん……。ま、たしかに寒くなるとおでんも焼き芋も屋台のラーメンも強烈なエネルギーを放出するね。バーゲン会場のおばさま方のように発電しています。さてさて、今回の課題「オリンピック」もみなさんフルパワーで英訳してくださいました。ね、ダーリン?
はい。オリンピックが東京にやってくるということで、課題文のとおり、今後さまざまな変化が見られそうですね。みなさん楽しんで訳してくださったようです。
ではさっそく第1文、「2020年のオリンピック開催地が東京に決定」からお願いします。
まず「オリンピック」から考えましょうか。これはOlympic Gameがもっとも適切な表記です。必ず大文字ではじめます。Olympicsでも問題はありませんが、フォーマルさには欠けますね。Summer Olympics GamesもOKです。とはいえ情報を補足するときは、できるだけ必要最小限を意識するようにしましょう。
「決定」はdecidedでいいの?
ここでdecidedを使うのは直訳的な表現。この場合、英語としてはchosen、あるいはselectedがふさわしい言葉です。原文に忠実なことは大切ですが、同時に読み手にとって正確で、わかりやすく読みやすい文に訳すことも大切です。
そうは言ってもねえ、母国語じゃないから、どれがふさわしいか簡単にはわからないんですよ、ダーリン。
そうですね。迷ったらネットで検索して似た表現や文章を探してみるといいですよ。多く使われている表現が自然な表現ということになります。
なるほどね。「開催地」の訳にも困ったわ。placeかcityを使えばいい?
これはhostを使えば解決です。hostは名詞として「開催地」、または動詞として「迎える」という意味で使うことができます。便利なので覚えておくといいですよ。
あ、訳例ではhas beenと現在完了形になってる。そこまで気が回らなかったなぁ。wasではダメなの?
開催地の決定が今現在にも影響しているなら、現在完了形を使ったほうが適切かつ強調される表現になります。もし開催地の選考がずっと以前に行われたのならwasになりますが、実際のところは今年決まったばかりで、まだフレッシュな話題。今後の準備など現在、未来に及ぶ影響もありますから、ここではhas beenが適切でしょう。ちなみにisだと毎回東京が選ばれるような意味になるので間違いです。
おぉ、毎回東京ってのも困ったね。近所の神社の3年に1度の本祭りだって大騒ぎなんだから。町内会のおじさんおおわらわだよ。
毎回東京だったらおもしろみにかけますね。ホント、時制は大切です。

 

トップへ 次へ

ページトップへ